動悸・息切れ

ここでは、「動悸・息切れ」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般に動悸と言えば心疾患、息切れがすれば
呼吸器疾患と誰もが考えます。
しかしどこにも異常が見られなくても症状が
出る場合があります。
ただ動悸がする!息切れがする!だけでなく、
いつ、どんなとき、どのような形で症状が
でたかが重要になってきます。

【次の症状の場合】
自律神経失調症の可能性があります。
動悸などの症状は特に午前中が酷い。
全身のだるさや目眩もする。

【次の症状の場合】
甲状腺機能亢進症などの可能性があります。
動悸や疲労感がある。
甲状腺の腫れを感じる。
発汗、眼球突出、不眠。
心当たりのない体重の減少。

【次の症状の場合】
貧血の可能性があります。
運動したあとの動悸・息切れを感じる。
血色が悪い(顔色や爪等)。
立ちくらみがある。

【次の症状の場合】
過換気症候群パニック障害の可能性があります。
突然息苦しくなる。
精神的に追い詰められると症状がでる。
心配事や緊張すると症状がでる。

【次の症状の場合】
心不全の可能性があります。
突然息苦しくなる。
横になると余計症状が酷くなる。

【次の症状の場合】
慢性気管支炎・肺気腫(COPD)の可能性があります。
運動後の動悸・息切れが気になる。
運動後の咳が長く続く。
喫煙者の方。
煙草を吸わないが吸ってる人と日頃行動を共にしてる人は
注意が必要です。
全く吸わない!周囲にも吸ってる人が居なく動悸・息切れ
長い咳、痰の症状がある方は気管支炎肺炎
可能性があります。


【次の症状の場合】
不整脈の可能性があります。
運動後でなくても動悸や息切れが起きる。
脈の乱れを感じる。(欠けたり、遅くなった)

【次の症状の場合】
更年期障害の可能性があります。
40代以上。
動悸息切れの他、頭痛や肩凝り
目眩など様々な症状が伴う。




スポンサーサイト
【心不全】
急性と慢性があります。重篤(じゅうとく)な
疾患から心臓機能低下が起こり、左心室または
右心室に障害が起き、必要な血液を十分に全身に
送ることができなくなる状態をいいます。

【左心室の症状】
動悸・息切れがしてきます。次第に寝ているときの
咳症状や呼吸困難、しまいには心臓喘息を併発します。
【右心室の場合】
静脈がうっ血して身体全体の浮腫みがでてきます。

【治療】
急性の場合は入院が必要です。
慢性で自宅で療養が取れる方は
心臓に負担を絶対にかけない事と
心身の安静を保つことを守ってください。
塩分摂取の管理を徹底してください。
【過換気症候群】
心身症の一つで、どこにも異常は見られないのに、
発作的に息苦しくなってしまう疾患です。
精神的、ストレス、極度の緊張、不安などが
原因で起こるとされています。
思春期頃から発症するケースが非常に多い。

【症状】
呼吸困難、痙攣(けいれん)目眩、手足のしびれ

【治療】
心身的な疾患なのでカウンセリングなどで心を
落ち着かせ不安、緊張を解します。
発作が起こったときの対処法として
紙袋などで口、鼻を覆い呼吸をさせると
大概は落ち着きを取り戻します。
勿論、鎮静剤などを使用することもあります。
【貧血】
一般に呼ばれている貧血は、血液中のヘモグロビンが
標準より少ない状態の「鉄欠乏性貧血」を指します。
良く鉄分が不足すると、この「貧血」になる!
貧血=鉄分不足って皆さん想像されると思いますが、
鉄分不足だけが原因ではないんです。
では、代表的な「鉄欠乏性貧血」から順にご説明
いたします。

【鉄欠乏性貧血】
原因
ヘモグロビンの主成分である鉄分の不足。

症状
顔色が悪い。
立ちくらみ。
動悸・息切れ。
爪にも異常症状が出てきます。

治療
鉄剤の服用が効果的ですが、鉄分を多く含んだ
食べ物を積極的に摂取することが大事です。
特に生理、妊娠、授乳時は注意しましょう

鉄分を多く含む食材
レバー、ほうれん草、赤みの魚、ヒジキ、きなこ、
あさり、シジミ、赤ワインなど・・・。
たんぱく質やビタミンCを含んだ食材を一緒に摂取
すると鉄分の吸収が更に良くなります。


【再生不良性貧血】
血を造る機能(造血機能)の低下すると、赤血球や
白血球、血小板全てが減少してしまいます。
こうなると、一般的な貧血症状に加え、
様々な出血(不正出血)や抵抗力の低下
などの
症状が出てきます。
これには輸血をしないと
いけない場合も出てきます。

【巨赤芽球性貧血】きょせきがきゅうせいひんけつ
原因

ビタミンB12、葉酸の欠乏により起こる病気で、
中年以降の方の発症率が高いと言われています。

症状
一般的な貧血の症状に加え、舌炎(ぜつえん)
の症状が見られます。
ビタミンB12の欠乏状態が長期に亘ると、
手足のしびれ、知覚障害(鈍くなる程度)

症状も出てきます。

治療
原因でもあるビタミンB12や葉酸の投与が効果的。

【溶血性貧血】ようけつせいひんけつ
原因
要因は様々。
何らかの要因で赤血球の寿命が縮まり、
赤血球が不足してしまいます。

症状
一般的な貧血の症状に加え、
黄疸症状が出ます。

治療
要因が様々なので原因を突き止め
適切な治療をします。

【二次性貧血】
これは原因となる疾患によって起こるので、
原因疾患の疾患治療が優先されます。


【甲状腺機能亢進症】
20~30代に非常に多く、甲状腺ホルモンの
過剰分泌の疾患と言われています。
甲状腺疾患は生理異常、不妊、流産をひき起こす
原因に繋がりかねません。
「バセドウ病」は良く知られてる甲状腺疾患の一つです。

【症状】
動悸、甲状腺の腫れ、疲労感、手の震え、
不眠、下痢、体重減少、生理異常などの
症状があります。
この他にも、眼球突出、発汗などの症状も
でてきます。

甲状腺異常の場合
甲状腺の腫れの有無、大きさ、形など
症状が様々なので血液検査などで確認します。

甲状腺にしこりがある場合
甲状腺がん
良性の甲状腺腫
亜急性甲状腺炎
が疑われます。早めに内科を受診して
ご相談してください。

【治療】
症状に依って違いはありますが、
甲状腺ホルモン生成と分泌減少させる療法。
甲状腺の部分的に摘出する手術療法。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。