下腹部の痛み

ここでは、「下腹部の痛み」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性の下腹部には子宮や卵巣など特別な臓器があります。
ですから下腹部の痛みやしこり、または腰痛の症状が
ある場合は子宮や卵巣に何らかのトラブルが発生して
いるのかも!と認識してください。

子宮や卵巣などの異常は目に見える症状ではないですし、
腫瘍が小さいうちは痛みなどの症状が全く無い事もあります。
症状が現れてからでは遅いことも十分に考えられますので、
年一度婦人科で検診することをお薦めいたします。


腰痛がある場合は特に注意が必要です。
卵巣のう腫卵巣がんが密かに隠れていることもあります。


また妊娠初期で下腹部に痛みを感じるようであれば
流産子宮外妊娠の恐れもあります。
直ぐに産科を受診して下さい。

【次の症状の場合】
子宮内膜炎子宮付属器炎骨盤腹膜炎あるいは卵巣のう腫が悪化し茎捻転(けいねんてん)を起してる可能性があります。
直ぐに婦人科を受診してください。
妊娠の可能性はない。
下腹部に激痛がある。
吐き気・嘔吐を伴う。

【次の症状の場合】
月経前症候群の可能性あり。
下腹部の痛みが生理前に起きる。
その痛みは生理開始と共に和らぐ。

【次の症状の場合】
月経困難症の可能性あり。
生理中の下腹部の痛み。
日常生活に支障をきたす程の
下腹部の痛み。

【次の症状の場合】
子宮筋腫子宮内膜症や>や子宮腺筋症の可能性あり。
生理中の下腹部の痛み。
日常生活に支障をきたす程の激痛。
出血量が普通よりはるかに多い。
外陰部に違和感。
外陰部にしこりがある感じがする。

【次の症状の場合】
子宮下垂の可能性あり。


この他にも便秘膀胱炎の場合でも
下腹部に痛みや外陰部の違和感などの症状が
現れることもあります。















スポンサーサイト
【骨盤腹膜炎】
通常は子宮頚管で細菌の侵入を防いでいます。
しかし流産や人工妊娠中絶などで子宮内膜が
傷ついて弱った状態だと感染しやすと言われています。

膣から細菌などの病原菌が侵入して
子宮内膜から卵管、更に骨盤まで炎症が広がって
起きる病気です。

【症状】
40℃に近い高熱。
下腹部の激痛。

ここまで炎症が広がると痛みに耐え切れず
救急車を要請!!!
そのまま入院、最悪即手術となります。



この病気はセックスによるクラミジア
感染が最も多いとされています。
炎症が広がって不妊の原因になったり
生命危機になったりと怖い病気です。
普段から避妊具(コンドーム)などの
使用を心がけ避妊をしましょう。

【子宮付属器炎】
通常は子宮頚管で細菌の侵入を防いでいます。
しかし流産や人工妊娠中絶などで子宮内膜が
傷ついて弱った状態だと感染しやすと言われています。

膣から細菌などの病原菌が侵入して炎症を起す、
卵管で起きる病気です。

【症状】
急性期には
下腹部の痛み。
高熱。(39℃前後)
おりものの増加。
慢性化してしまうと症状は落ち着くものの
慢性ということは周囲にある腸などと癒着
動きも悪くなります。
ですから常に下腹部の痛み。
不快感。
鈍痛。
さらには腰痛。
生理痛の痛みもかなり
酷くなります。

【治療】
原因菌を特定してから、それに合った
抗生物質を内服したり注射したりします。


この病気はセックスによるクラミジア
感染が最も多いとされています。
炎症が広がって不妊の原因になったり
生命危機になったりと怖い病気です。
普段から避妊具(コンドーム)などの
使用を心がけ避妊をしましょう。





【子宮内膜炎】
通常は子宮頚管で細菌の侵入を防いでいます。
しかし流産や人工妊娠中絶などで子宮内膜が
傷ついて弱った状態だと感染しやすと言われています。

膣から細菌などの病原菌が侵入して炎症を起す、
子宮内膜で起きる病気です。

【症状】
下腹部の痛み。
発熱(37.5以上)
おりものの量の異常。
時に膿や血が混じったおりもの。

【治療】
原因菌を特定してから、それに合った
抗生物質を内服したり注射したりします。


この病気はセックスによるクラミジア
感染が最も多いとされています。
炎症が広がって不妊の原因になったり
生命危機になったりと怖い病気です。
普段から避妊具(コンドーム)などの
使用を心がけ避妊をしましょう。

【卵巣がん】
卵巣に出来る悪性の腫瘍です。
40代以降が最もなり易いと云われてきましたが、
最近では10代でもなると言われています。

はっきりした原因は究明されていませんが、
排卵時に何らかの原因で卵巣に傷がつき、
その傷からガンになると推測されます。

【症状】
卵巣は沈黙の臓器です。
残念ながら自覚症状が出ないのが特徴です。
ある程度(こぶし大くらい)大きくなると
お腹が膨らみ、何となく下腹部が重いという
症状が出始めます。

晩婚化や子供を産む回数が減り
排卵回数が増えることで卵巣がんの
発症率が高くなってるといわれています。
又、近年の食生活が昔と比べ、
欧米化していることも発症率の高い
原因の一つと考えられています。

動物性脂肪や動物性たんぱく質の
摂り過ぎ
は全ての病気にも繋がり兼ねません。
日頃からの食生活を改善することで、
健康な身体を維持しましょう!!!


【治療】
卵巣の片方を摘出(切除)しても妊娠は可能です。
妊娠を希望してる場合は良く医師と相談して
自分にあった治療法を選択しましょう。
但し、卵巣がんには抗がん剤が有効ですが、
再発する事もあります。


先程も言いましたが、卵巣は沈黙の臓器の
一つです。
卵巣がんの検診(超音波)を受けることで
ガンを小さいうちに発見する事が何よりも
大切な事だと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。