おっぱいトラブル

ここでは、「おっぱいトラブル」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【授乳期のおっぱい異常は】
こちらからお入りください。



おっぱいは自分で触ったり見たり出来る器官です。
しこりなど少しでもおかしい??って思ったら、
重い病気って事も考えられますので、早めに
受診されることをお薦めいたします。
30歳を過ぎたら乳がん検診を受けるように
しましょう




【次の症状の場合】
乳がんの可能性あり。
急に左右の乳房の大きさの違いが出てきた。
乳頭の陥没が酷く。
更に、その下に硬いしこりを感じる。


【次の症状の場合】
乳輪下膿瘍の可能性あり。
乳頭の陥没がある。
乳頭から膿みたいな分泌物がでる。
乳頭周辺が痛く熱があるような感じがある。


【次の症状の場合】
乳腺症の可能性あり。
乳房にしこりが出来ることがある。
しこりは生理前にできる。
しこりは生理が終わるとなくなる。


【次の症状の場合】
乳腺線維腺腫乳腺葉状腺腫瘍の可能性あり。
乳房にしこりが出来ることがある。
しこりがくりっとして良く動く。
生理前後関係なく常にしこりがある。

尚、25歳以下の人は乳房にしこりの症状があれば、
上記の可能性があります。病院で検査をする必要が
あります。





スポンサーサイト
赤ちゃんにとって母乳は大切な栄養源です。
おっぱいトラブルを知らない内に
起してる状態で我が子に母乳を与えている!
って事があるかも知れません。
おっぱいに痛みや腫れなど微妙な異常でも
検査を受けましょう・・・。
授乳期ではない時の乳頭からの分泌物が
出る症状の場合、

乳がんの病気を発症している可能性は勿論ですが、
乳管内乳頭腫や脳指令のホルモンバランス異常などが疑われます。

必ず検査をしましょう。



【次の症状の場合】
急性化膿性乳腺炎の可能性あり。
出産後もしくは授乳中。
乳房に痛みを感じる。
乳房が赤く腫れ熱を持ってる感じがある。


【次の症状の場合】
急性うっ滞性乳腺炎の可能性あり。
出産後もしくは授乳中。
乳房に痛みを感じる。
乳房が腫れたり熱を感じることはない。


【次の症状の場合】
薬による高プロラクチン血症の可能性あり。
産後や授乳中ではないのに
両方のおっぱいから母乳・ミルクのような
色の分泌物がでる。
精神安定剤や胃腸薬を服用中。


【次の症状の場合】
脳指令のホルモン異常による高プロラクチン血症の可能性あり。
産後や授乳中ではないのに
両方のおっぱいから母乳・ミルクのような
色の分泌物がでる。
精神安定剤や胃腸薬は使用していない。

【乳管内乳頭腫】
乳管内に出来る良性のしこりで、乳房を触っても
しこりも痛みも感じることが無いため良性とは云え、
乳がん
との鑑別がとても重要視されています。


【症状】
しこりがあっても痛みも感じることがなく
しこりにも気づかず乳がん検診を受けたら
この病気を発症していた!!!って事もあります。
特徴としては乳頭から血が混じった分泌物や
黄色っぽい分泌物がでます。


【治療】
良性であれば、言い換えればガンでなければ、
手術せず経過観察で済みます。
しかし手術をする場合は乳管内視鏡を
使った簡単な除去手術をします。
しこり出来てる範囲が広い場合は
広範囲に亘り乳房も部分的に取り除く
必要が出てきます。


定期的にマンモグラフィなどを含む
画像検査の乳がん検診を必ず受けるよう
心がけてください。
若い女性の乳がん発症率が高くなってます。
また進行も早いので、命を落とす確率も
高いということが現代では現実です。

【高プロラクチン血症】
精神安定剤や胃腸炎の薬の副作用の場合と
脳指令のホルモンバランス異常が原因で起きる2通りあります。


【症状】
授乳期でもないのに両方のおっぱいから
母乳・ミルクのような色の分泌物がでます。
乳汁分泌ホルモンが上昇することで無月経や
黄体機能不全の症状も現れてきます。


【治療】
薬の副作用の場合は
薬剤の変更等が必要になりますので、
病院でご相談ください。

脳指令のホルモン異常が原因の場合は
精密検査などが必要で、プロラクチン濃度を
下げる療法が必要となります。
【急性うっ滞性乳腺炎】
この病気は初めて赤ちゃんを産み初めて母乳を
開始したけど中々おっぱいを吸ってくれない!
とか、乳管が思うように開かず、乳汁が乳腺内に
溜まって炎症してしまう病気です。

【症状】
急性化膿性乳腺炎と同じような症状があります。
高熱が出たり、悪化すると
急性化膿性乳腺炎に移行することが多いです。



【治療】
妊娠中からのおっぱいマッサージがとても大切です。
産後は乳房をタオルなどで十分に温めてから
マッサージをして溜まった乳汁を出して
症状を緩和させましょう。
授乳後は必ずおっぱい(特に乳頭)を清潔に
保つことが重要です。

陥没乳頭など乳頭が埋もれてるママは赤ちゃんが上手く
乳首をくわえ吸うことが出来ず授乳が十分では
ないです。
こういった方はこの症状になり易いです。


授乳中のしこりを乳腺炎だと思い、
おっぱいマッサージをしていたが
中々改善されない場合は、
乳がんを発症している可能性があります。
必ずマンモグラフィ検査など画像検査を含む、
乳がん検診を受けてください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。