不安感・イライラ感

ここでは、「不安感・イライラ感」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【不安な気持ち・イライラ感】

人間誰しも感情があります。
落ち込むことや不安、イライラ感は
日常良くあることです。
しかし自分の気持ちを自分で
コントロール出来なくなった
など日常生活に支障をきたすような場合は
早めに専門医(カウンセラーなど)に
相談する事がよいでしょう・・・。

次の症状の場合
パニック障害の可能性があります。
強い不安感や恐怖心!
突然、不安な気持ちになる。
動悸や息切れの症状もある。
吐き気なども起きる時がある。


次の症状の場合
社会不安障害の可能性があります。
強い不安感や恐怖心!
人前に出るときに不安な気持ち・恐怖心がでる。
動悸や吐き気の症状のある。
更に震え、冷や汗の症状もでる。


次の症状の場合
心的外傷後ストレス障害(PTSD)の可能性があります。
過去に恐ろしい体験(地震やレイプ)者。
ふとしたとき強い不安感や恐怖心!の症状が現れる。


この他には・・・。
漠然と恐怖心、幻覚、妄想が現れるときは
脳障害(異常)、神経障害(異常)が起きている
可能性があります。
早めに精神科を受診されるといいと思います。


次の症状の場合
月経前症候群(PMS)の可能性があります。
イライラ感・憂鬱な気持ち
生理前や生理中に症状が酷くなる。


次の症状の場合
うつ病の可能性があります。
イライラ感・憂鬱な気持ち
不眠や過眠などの症状もある。
食欲の低下や亢進(高ぶり)。
意欲・集中力の低下。
頭痛、肩凝り、目眩(めまい)。
1ヶ月以上症状が続いている。


この他にも・・・。
妊娠中や産後、閉経前後は女性ホルモンに
大きな変動が出ます。このような時は
気分の浮き沈みが激しくなりやすいです。
日常生活に支障をきたすような場合は
産婦人科、心療内科、精神科で相談されると
いいと思います。

憂鬱(ゆううつ)な気持ちや
イライラ感など気持ちの落ち込みが激し時や
症状が長く続く時などは早めに精神科、心療内科
で原因を突き止める事が一番いいと思います。


更に余談ですが

女性が受け易い(なり易い)ストレス症状例を
ご紹介します・・・。
こちらからお入りください。
スポンサーサイト
【ストレス症状】
現代社会でストレスを受けずに生活をする!と
云うことはまず無理だといえましょう・・・。

ここではストレスを受けるとどのような事が
おきるのかを簡単に説明させていただきます。


【ストレスを受けると】
身体を必死で守ろうと指令が出ます。
ホルモンを分泌させたり、
免疫力を働かせたり、

しかし

長時間あるいは長期間、過剰なストレスを
受け続けると(ストレス状態)自己防衛機能に
赤ランプ(悲鳴)がつき、心身に異常(不良・不調)
が出てきます。




【ブルーマンデー症候群】

誰しもあると思いますが日曜の夕方や月曜の朝、
仕事に行く事を考えると気分が落ち込んだりします。

【症状】
時には訳も無く泣いたり、
頭痛や目眩(めまい)など
症状が出ることもあります。
週の始まりは特に出社するのが嫌になりがちです・・・。

こんな方は要注意です
仕事以外特に趣味がない。
休みの日は外出をしない。
一人で休日を過ごすことが多い。

心の病になる前に
人間関係の改善をし気持ちを切り替える。
仕事以外に遣り甲斐(趣味)をみつける。
気分転換をすること。
無理をせず、辛いときはゆっくり心を休ませることが
とても大事(大切)だと思います。




【スーパーウーマン症候群】

全てを(仕事、家庭、趣味)完璧にこなさないと!と
つい無理をしてしまう事が原因で起こります。

【症状】
突然、頭痛や立ちくらみの症状。
体調不良を起す。
こうなると仕事がこなせなく(完璧に出来ない)
なり、全ての事が嫌になってしまう。

こんな方は要注意です
仕事では常に高い目標(ノルマ)を設定。
家庭では良き妻、良き母をと頑張ってしまう。

心の病になる前に
無理をしない。
やるべきことの優先順位をつける。
出来ないことまでやろうとしない。
周りの方に手伝ってもらおうという気持ちを。
肩の力を抜き、息抜きも大切です。




【シンデレラコンプレックス症候群】

夢と現実のあまりのギャップに
自主性を失ってしまった状態。

【原因】
素敵な王子さまと結婚し、幸せいっぱいの
結婚生活を夢見てた!が、現実は・・・。
家事に追われ、自分の時間はない!面倒な
事が多い!と気づいた時・・・。

次第に夫(ご主人)の顔色を伺いながらの
生活、更に夫(ご主人)なしでは生きて
行けなくなり夫(ご主人)に依存してしか
生きられなくなります。

こんな方は要注意です
過保護に育てられた。
現実をあまり知らない。
自主性に乏しい方。

心の病になる前に
甘えた気持ちを捨てることです。
自分でなんでもやってみようと
自立してみることが大切です。




【マタニティーブルー】

出産疲れと同時に子育ての不安を感じる状態の
事です。
大概は2~3週間で不安な気持ちも回復します。

こんな方は要注意です
完璧主義者。
自分の思い通りにことが進まないと
急に不安になる方。
頑張り過ぎる。

心の病になる前に
育児を母親一人で頑張ろうとせず、
精神が安定するまでは親元で過ごす
事が出来る環境であればそうするとよい。
ご主人の理解と、協力を得ましょう!
医療機関の助けを借りることも
一つの選択です。




【空の巣症候群】

生き甲斐だった子供の独立。
寂しさを感じる状態をいいます。
放置していると次第に自信喪失や不安に
襲われしまいにはうつ状態(病)になることもあります。

こんな方は要注意です
子育てが生き甲斐。
良妻賢母的考えをお持ちの専業主婦。
特に趣味がない。

心の病になる前に
子供はいずれ巣立って行くと思うこと。
趣味や習い事を持つ。
夫(ご主人)とコミュニケーションをとりましょう。

【社会不安障害】
人前に出て何かをしなくては・・・。
と考えると人前に出たくない苦痛な感じを
受けたり、自分の評価(悪い評価)を必要以上に
気にして今恐怖心まで抱いてしまったり・・・。


身体症状が現れてくると次第にそういった場面を
避けてしまい日常生活に支障をきたすようになって
きます。


【治療】
抗うつ剤や抗不安剤を処方し、少しずつ
精神を落ち着かせながら日常生活に支障が
出ないよう(少なくなるよう)に治療して
いきます。
【心的外傷後ストレス障害(PTSD)】
生命の危機を感じるような体験や
衝撃的な体験をすると脳裏から離れなく
なります。

【原因】
過去に
戦争、事故、災害、虐待、レイプなど
耐え難い・・。
心に深い傷。。。
そして衝撃的な体験がトラウマになり
強烈な恐怖心(感)に苦しむ状態です。

悪夢にうなされ、不眠や不安、更には
恐怖に怯(おび)える事も少なくありません。

ふとしたきっかけでその時の様子がよみがえる
フラッシュバック現象もあります。


【治療】
トラウマの記憶と向き合わせるような
心理療法が主流です。
と、同時に不安な心(気持ち)を軽減させる
事も大事です。
また抗うつ薬で精神を落ち着かせることも
取り入れています。
【うつ病】
人間誰しも感情があります。
落ち込むことや不安、イライラ感は
日常良くあることです。
しかし、長時間気持ちが晴れない
落ち込んだ状態が長く続く状態を「うつ状態」
といい、落ち込む原因がなく数ヶ月も
「うつ状態」が繰り返し起こる状態を
「うつ病」と一般に呼んでいます。


精神的な症状と身体的症状とに分けられます。

【精神的症状】
ネガティブな気持ちになる。
(憂鬱だ~・・・。悲しい・・・など)
やる気が起きない。
打ち込む意欲が湧かない(好きなことでも)。
自分を責める。
自分に自信が持てなくなる。
死ぬことを考え始める。
寝ることへの不安や睡眠障害。
精神的ショックやストレスが発症の手助けを
する事も否定は出来ません。

【身体的症状】
全身の倦怠感。
頭痛、肩凝り。
原因の無い全身部位の痛み。
食欲不振など。

睡眠障害の症状は別として、
大概の症状は朝が酷くて
夜になるにつれ症状も軽くなり
気持ちも落ち着いてくるのが
特徴とされています。

【治療】
まずは心と体をゆっくり休ませリラックスする
事が大切です。
一般的に呼ばれている「抗うつ剤」の服用を
同時に進めて行く事で、即効性は望めませんが、
少しづつ症状が改善されます。
うつ病は適切な治療をする事がとても大事です。
ですから、症状(状態)によっては、
心理療法(認知療法)取り入れることも少なくないです。


「責任感が強い」
「几帳面」
うつ病になり易い性格のタイプだと
云われていますが根拠があるわけでは
ないようです。
そもそもの原因(発症原因)は
脳内の神経伝達物質である
セロトニンの減少だと考えられているからです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。