体重増減異常

ここでは、「体重増減異常」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性はスタイルをどうしても
気にしてしまいます。
過激なダイエット!無理なダイエットをして
摂食障害を起す危険性だってあります。
理由のない体重増減は何らかの病気が隠れている
可能性があります。
内科を受診してご相談されることを
お薦めいたします。

急激に痩せた!
どのような病気が隠れているか紹介しましょう。

【次の症状の場合】
糖尿病の可能性があります。
食欲は変わらずで、痩せてきた。
喉が渇き水分を沢山摂取してる。
トイレの回数が増えた気がする。

【次の症状の場合】
甲状腺機能亢進症の可能性があります。
食欲は変わらないが、痩せてきた。
異常な程汗を掻く。
動悸・息切れの症状を伴う。

【次の症状の場合】
摂食障害の可能性があります。
食欲は変わらずで、痩せてきた。
食べる!という事を考えると吐いたりする。
または下痢をしたりする。
胃腸障害の可能性も否定出来ません!!!
内科・消化器科を受診してご相談して
下さい。


急に痩せる!!!食欲がなくなる!!!
これは異常なことです・・・。

食道、胃、すい臓などに悪性腫瘍が
ある可能性があります。消化器科などを
受診してがん検診を受けることがいいと
思います。


急に太る!
どのような病気が隠れているか紹介しましょう。

【次の症状の場合】
クッシング症候群の可能性があります。
ステロイドホルモン剤を服用中。

【次の症状の場合】
甲状腺機能低下症や橋本病の可能性があります。
食事の量は変わりがないが太ってきた。
体温が低くなってる。
脈の打つのが遅い気がする。
動作の鈍さを感じる。
浮腫みが出てきた。

【次の症状の場合】
肥満症の可能性があります。
食事の量が増えた。
運動も然程していない。


食事の量は増えたけど、適度な運動はしているのに
太る!!!という場合はホルモンの異常も考えられます。
内科を受診して診察されることがいいと思います。






スポンサーサイト
厳選した商品を説明付きで紹介しております。
お気に入りの商品がございましたら、
商品をクリックしてお選びください。
お値段など詳しく記載されています。


商品名:糖解散 60包
説明:血糖値を下げる働きのある生薬を主成分とした糖尿病の治療薬。
糖解散 60包



商品名:糖解錠 170錠
説明:糖尿病に伴う諸症状(口の渇き、頻尿、多尿など)を素早く改善し、合併症の予防にも効果があります。
糖解錠 170錠



商品名:糖解錠 370錠
説明:上の商品の370錠タイプ。
糖解錠 370錠
【原発性肥満症】
中性脂肪が体内に蓄積することが原因で
体重増加してしまうことをいいます。
まずは肥満度をチェックしてみましょう!!!


標準体重=身長(m)×身長(m)×22
BMI=体重(㎏)÷(身長(m)×身長(m))

消費カロリー以上摂取するとオーバーしたカロリーは
中性脂肪に変化をして、体内に蓄積されてしまいます。
母親が肥満体型だと70%の確率で娘も肥満体型
(太り易い体質)だと云われています。
更に食べすぎや運動不足が原因して肥満体型に・・・。


様々なところに支障をきたしてきます。
膝の痛み、関節痛
心臓に負担がかかり心疾患。
血液中の中性脂肪原因で血栓ができ、
循環器系の疾患。
糖尿病や通風。
脂肪肝。


治療
消費カロリー以上の摂取をしないためにも
管理された食事療法、適切な運動療法が
効果的です。
太る原因になる糖質や脂肪、炭水化物を抑え
たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく
摂取するよう心掛けることが何よりも大事なこと
ではないでしょうか???
面倒くさがらず、日常生活の中でのちょっとした
工夫一つで改善されます。


肥満度表

18.5未満・・・・・・・・痩せ
18.5~25.0未満・・・標準
25.0~30.0未満・・・やや肥満
30.0~35.0未満・・・肥満
35.0~40.0未満・・・かなり肥満
40.0以上・・・・・・・・立派な肥満





【クッシング症候群】
ステロイドホルモン剤を使用した
治療中にも起こる病気です。
副腎皮質や下垂体に腫瘍ができ、分泌される
「コルチゾール」というホルモンが過剰に
なることで様々な症状が出てきます。


症状
手足は細く、顔浮腫む。
赤ら顔になったり、にきび(吹き出物が多くなる)
生理がない所謂無月経になったりする。
ひげが濃くなる。

腹部や太ももの皮膚に変化。
赤紫色の亀裂やあざのような模様が出てきます。

高血圧や糖尿病を合併し易くなります。


治療
腫瘍が原因の場合は、手術で腫瘍を切除します。
ステロイドホルモン剤が原因の場合は
処方して下さった病院で医師と相談して
薬剤の変更などをしてもらいましょう!!!
【摂食障害】
女性はどうしてもスリムになりたい!!!と
分かってても無理なダイエットをしてしまいます。
その無理なダイエットがきっかけとなり、
食べることに対する嫌悪感が起こり
「拒食症」になってしまいます。
その反動で今度は一度に大量に食べてしまい
食べてしまったことへの罪悪感などが起こり
「過食症」になってしまいます。

「拒食症」から「過食症」と悪循環が生じます。


症状
栄養が不十分ですから、様々な症状が出てきます。
低血圧や貧血。
肌荒れ(ビタミンやミネラル不足)。
麻痺、けいれん、不整脈(血液中のカリウム量低下)。
便秘症、腸管閉塞(筋肉の衰え)。
腎臓機能低下、浮腫み。

更に摂食障害が進むと!!!

成長が阻害されてしまいます。
ホルモン分泌も低下して、
生理がない生理が止まってしまうケースもあります。


治療
衰弱した身体を回復させる治療は勿論!!!
精神的なケアもとても重要です。
カウンセリングなどを受け心の治療も
忘れずに!!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。