目の異常

ここでは、「目の異常」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【目のトラブル】
パソコン使用頻度が高くなったこともあり、目の渇きを訴える女性が急増中!!!
目が疲れる・ゴロゴロするといった症状が現われてきたら眼科で検査することをお進めいたします。


【目がかゆい・痛い】
【次の症状の場合】
アレルギー性結膜炎(花粉症)の可能性があります。
春先や特定の時期(季節)に痒みがでる。


【次の症状の場合】
ものもらい(麦粒腫ばくりゅうしゅ)霰粒腫(さんりゅうしゅ)の可能性があります。
目が痛いまたは痒い。
まぶたに腫れ、異物感がある。
まぶたにしこりがある。


【次の症状の場合】
ドライアイ眼精疲労の可能性があります。
目がかゆいもしくは痛い。
パソコンやテレビを長時間見続けた。
目の疲れや乾燥してる気がする。
まぶたの腫れを感じるがしこりはない。



【次の症状の場合】
視神経炎の可能性があります。
急いで眼科で検査して下さい。
目の奥の痛み。
急激な視力の低下。
視野の中心が見えづらい。

痒い・痛い症状の他の原因で次の症状の場合角膜炎や>角膜潰瘍を起こすこともあります。

コンタクトレンズが汚れ角膜が傷ついている場合。
目にゴミやほこりが入った。
目の疲れ。



【ものが見えづらい】
【次の症状の場合】
近視・乱視・遠視老視などの屈折異常の可能性があります。
遠くのものが見えづらい。
小さいものが見えづらい。



【次の症状の場合】
ブドウ膜炎網膜はく離の前兆の可能性があります。
早めに眼科で検査することをお勧めいたします。
ものが見えづらい。
小さな虫が飛んでいるようなチラチラする。



【次の症状の場合】
急性緑内障の可能性があります。
急いで眼科で検査して下さい。
ものがみえづらい。
激しい頭痛を伴う。
吐き気もある。



【次の症状の場合】
白内障の可能性があります。
ものが見えづらい。
高齢者。
霧がかかったようなぼんやりとした感じがある。
糖尿病を患ってる方は合併症で見えづらいことも考えられます。






スポンサーサイト
【白内障】
目の水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。

【症状】
目のかすみ。(軽度症状)
まぶしさを感じる。(軽度症状)
次第に目の前に霧がかかったような症状(状態)。
視力が低下します。
視力低下のまま放置していると最終的には光しか感じることができなくなります。

【原因】
老化や遺伝。
原因となりうる疾患。
外傷性までと原因は様々。

【治療】
視力低下がひどく日常生活に支障をきたす場合は手術をします。
これは水晶体を摘出し、眼内レンズを移植するという手術になります。
またメガネ、コンタクトレンズの使用で済む場合もあります。
【網膜はく離】
網膜が眼球壁から硝子体側に剥がれることで、視力低下や視野の異常を起こす病気です。

【症状】
飛蚊症(このページの最後に説明してあります)や光視症(こうししょう)が先行症状として現れることが多いです。
この段階で眼科で検査・治療をすることで回避することが可能です。

次第に視野の一部が欠けたりゆがむといった症状が現われてきます。

【原因】
突発性の場合網膜が変形してその部分に穴があいて、そこから硝子体液が漏れだし、網膜をはがしてしまいます。
続発性の場合糖尿病性網膜症など眼圧疾患の合併が原因とされています。

【治療】
初期の段階(症状)ならレーザー光線で網膜を焼き付けることができますが、症状が進んだり悪化してる場合は手術が必要になります。
但し、原因疾患がある場合はその治療が先行されます。


飛蚊症とは・・・
光が眼球中に入ってきたときに、何らかの原因で硝子体に濁りが生じます。
濁りが生じることで、網膜に影を落とします。
この影が出来る(影を落とす)といったことが原因で目の前に虫が飛んでるような現象になります。
目の前を飛んでるように見えるあれこれ
ゴマ状・虫状・糸くず状・たばこの煙状。と様々です。

この飛蚊症には老化・生理的なものが原因の場合と
病的が原因してる場合とがありますので、必ず眼科で検査をしましょう。


光視症(こうししょう)とは
視界のはじめで一瞬パッと何かが光る(光った)ように見える状態のこと。
【ブドウ膜炎】
ブドウ膜と呼ばれる場所が炎症を起こしてる状態をいいます。
脈絡膜、毛様体、虹彩の3つを合わせてブドウ膜と呼ぶ。

【症状】
充血。
目のかすみ。
まぶしさを感じる。
ものがゆがんで見える。
目の前にチラチラとゴミのようなものが見える。

【原因】
ウイルス、細菌感染。
]膠原病
アレルギーなどの自己免疫疾患などが原因とされています。

【治療】
ステロイド薬や消炎作用のある薬。

全身疾患の部分的症状の可能性もありますので、早めに診察することが大切です。
【屈折異常】【どんな状態】
まず正常な目の状態では光は角膜を通り、次に水晶体を通り屈折して網膜上で像を結びます。
しかし、異常な状態だとこの屈折が正しく行われないため、像が網膜上で結ばれずぼやけてしまう状態のことを指します。

屈折異常には「近視」「乱視」「遠視」「老視(老眼)」の種類あります。

【近視】
網膜の手前で像を結ぶために近くにあるものはよく見え、遠くにあるものはぼやけて見えます。

【治療】
まず網膜上にきちんと像を結べるようにします。
凹レンズと呼ばれるメガネやコンタクトレンズで視力の矯正をします。
レーザーによる近視矯正治療を行ってる病院もありますが、術後長期間の経過についての安全性確認できていない状況ですので、レーザー治療を選択する際は医師の説明を十分に聞き、納得した上で行ってください。


【遠視】
網膜より後ろで像を結ぶため、近くも遠くも見えづらくなります。
視力が極端に(急激に)落ちる(低下)ことはまずないですが、長時間同じものを見続けると疲労を感じ易くなります。

【治療】
軽度の遠視の場合、特に治療をすることはないです。
目の疲れを頻繁に感じるようであれば凸レンズのメガネやコンタクトレンズで視力を矯正。


【乱視】
角膜や水晶体がゆがんでいるため、屈折率もバラバラ。
網膜にはっきりと像を結ぶことができなくなります。
ものをはっきり見ようとピントを合わせようと繰り返すため、眼精疲労を起こしやすくなります。

【治療】
乱視だけの場合は円柱レンズを使ったメガネやコンタクトレンズで視力を矯正。
遠視・近視を伴い場合は凹レンズと凸レンズを組み合わせたレンズが必要となります。


【老視(老眼)】
40代後半くらいから近いものが見えづらいという老化現象が起こります。これはピントを合わせる水晶体が弾力を失い、調節力が低下することが原因です。

【治療】
老眼鏡をかけたり、遠近両用のメガネをかけて視力を矯正。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。