おなかの異常(痛み・張り)

ここでは、「おなかの異常(痛み・張り)」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【おなかトラブル】
痛むのか?張るのか?下痢や便秘など消化器系の異常は
勿論!!!精神的な事が原因でもおなかの異常は見られます。
特に痛み!!!激痛の場合緊急を要する病気を
発症してる可能性が非常に高いです。
痛みはお腹全体?みぞおち?おへそ周辺?右?左?
痛む場所は人それぞれ!!個人差があります。
代表的な症状を紹介します。

痛みを感じる症状例
【次の症状の場合】
急性腹膜炎重症な腸閉塞などの可能性があります。
至急病院で診察して下さい。
おなかの痛みを感じる。
冷や汗を掻くようなくらいの激痛。


【次の症状の場合】
急性腸炎食中毒などの可能性があります。
おへその周辺の痛みを感じる。
お腹全体の痛み。
下痢、吐き気、嘔吐などを伴う。


【次の症状の場合】
腸閉塞の可能性があります。
お腹全体に痛みを感じる。
もしくはおへそ周辺の痛み。
吐き気、嘔吐を伴う。


【次の症状の場合】
胆石症急性胆のう炎の可能性があります。
みぞおちや右側腹部の痛み。
胃の不快感。
食欲低下。


【次の症状の場合】
急性胃炎消化性潰瘍急性膵炎虫垂炎の可能性があります。
おへそ周辺の痛み。
もしくはみぞおち周辺の痛み。
吐き気・嘔吐を伴う。
背中にも痛みもある。


【次の症状の場合】
過敏性腸症候群急性腸炎腸憩室虫垂炎、便秘などの可能性があります。
おへそより下の痛み。
吐き気や嘔吐の症状が出ることもあるが・・・。
便秘や下痢を繰る返す。

張りを感じる症状例
【次の症状の場合】
空気嚥下症(くうきえんげしょう)の可能性があります。
お腹の張りを感じる。
ゲップが多い。


【次の症状の場合】
直腸ポリープ大腸ポリープの可能性があります。
お腹の張りを感じる。
便秘や下痢が多い。
排便時に出血がある。


この他にも・・・
お腹の張り。
便秘や下痢を繰る返す。
過敏性腸症候群

わき腹から下腹部へ移動するような痛み。
尿路結石







スポンサーサイト
【腸憩室】ちょうけいしつ
大腸の内側の粘膜が袋状に膨らんだように
なった状態を憩室といいます。
この憩室が出来るだけの状態は然程問題は
ありません。
しかし、憩室に胃や腸の内容物が溜まると
合併症を起して初めて発熱や腹痛といった
症状が現れてきます。

下痢や便秘など排便障害などが原因で
腸管内の内圧が上昇し腸管の弱い部分が
袋状(憩室)に突き出してしまいます。

近年の食生活が欧米化さてたり、加齢が
原因だとも言われています。

【治療】
症状が出ないと治療をしません(必要がない)。
炎症を起してる(憩室炎)場合は
抗生物質の投与を行います。
【空気嚥下症】くうきえんげしょう
無意識に大量に空気を飲み込む状態を云います。
精神的なことが要因とされています。

ゲップやお腹の張りを感じます。

薬物療法も勿論ですが
カウンセリングが中心に
治療が行われます。

ストレスを溜めないことが
とても大事だといえます。
【過敏性腸症候群】
便秘と下痢が交互に繰る返される「不安定型」。
慢性的に下痢が続く「下痢型」。
激痛を伴い便に混じって大量の粘液が出る「分泌型」。
要因となる炎症を起してないにもかかわらず、
様々な症状を繰る返す病気です。


ストレスが原因で交感神経と副交感神経の
バランスが悪くなり自律神経失調症状態になる為に
腸液分泌の異常が起き、下痢や便秘をひき起こすと
いう仕組みです。
ですから、気持ちがリラックス状態の時は
不思議と便通も正常に戻ってしまうのです。

【治療】
ストレスが主な原因となってるので、
ストレスを緩和させるような治療が
優先されます。
勿論、整腸剤も服用しますが、
同時に抗不安薬や精神安定剤も
処方します。


神経質な人や精神的に情緒不安定な
状態になり易い人などが発症し易い!!!!
神経を使いすぎないようにする事が
とても大事だといえます。



【急性膵炎】
膵臓から膵液やホルモンが正常に分泌されず、
膵臓に炎症を起す病気です。
アルコールの過剰摂取などが原因と云われています。



【症状】
左上腹部の激しい痛み。
背中側の痛み。
発熱。
吐き気、嘔吐。
倦怠感。
冷や汗。
下痢を伴う事も。

【治療】
軽症の場合は2~3日間の絶飲食。
その後水分補給と低脂肪、低タンパク質など
消化器系に負担の少ない食事療法と
鎮痛剤、消化液、消化酸素の分泌を
調整する薬剤を併用します。
重症の場合は入院して治療する必要が
出てきます。

膵臓は一度悪くなると回復することが
出来ません。軽症で薬剤投与で症状が回復しても
過剰なアルコール摂取を繰り返せば重症化して
で運ばれ入院!!!
命の危険性もあります。
の飲みすぎには十分注意しましょう!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。