鼻水・鼻づまり

ここでは、「鼻水・鼻づまり」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保険で悩んでるなら
生命保険資料一括請求【無料】

生命保険見直し相談【無料】


諦めないであなたの視力
視力回復「レーシック」資料一括請求【無料】



【鼻水・鼻づまり】
たかが鼻水・鼻づまり!されど鼻水・鼻づまり!
鼻はにおいを感じるだけではなくゴミを取り除くことなど様々な働きがあります。


【次の症状の場合】
急性中耳炎の可能性があります。
鼻水や鼻がつまる。
熱や喉の痛みはないが。
耳が(耳の奥)ズキンズキンと痛む。
小さなお子さんは風邪が要因で起こしやすいです。



【次の症状の場合】
急性副鼻腔炎の可能性があります。
鼻水や鼻がつまる。
黄色や緑など膿のような鼻水が出る。
熱や喉の痛みなど風邪の症状と思われる症状が特にない。

鼻水をすするような真似をしなくても鼻水が喉まで回るような感じがある場合は慢性副鼻腔炎の可能性があります。



【次の症状の場合】
急性鼻炎の可能性があります。
鼻水や鼻がつまる。
くしゃみをすることが多く、中々止まらない。
鼻水に粘り気がある。
熱や喉の痛みなど風邪の症状と思われる症状が特にない。



【次の症状の場合】
花粉症(アレルギー性鼻炎)の可能性があります。
鼻水や鼻がつまる。
くしゃみをすることが多く、中々止まらない。
粘り気がなく、タラ~と鼻水が出る。
鼻の奥が常にムズムズする感じがする。
春先などいつも決まった時期(季節)に起こる。
マスクをして花粉から守りましょう。改善されない時は耳鼻咽喉科へ。
ホコリ(ハウスダスト)やチリなどによるアレルギー性鼻炎も考えられます。



上記以外で鼻水や鼻づまりなどの症状の原因と考えられるのは
空気が乾燥している時、生理現象で鼻がつまることがあります。
更年期障害の症状として鼻水が出たり、鼻がつまったりすることがよくあります。長引くようなら耳鼻咽喉科でご相談して下さい。
鼻づまりのため強く鼻をかむと血が混じって出ることがあります。注意しなければいけないのは、鼻血が止まらないようなときは重い病気の疑いもあります。早めに耳鼻咽喉科で診察して下さい。







スポンサーサイト
【副鼻腔炎】
風邪などが原因で副鼻腔(鼻の奥)に炎症が生じ、膿のような鼻水が溜まった状態をいいます。これを急性副鼻腔炎といいます。
繰り返し発症していると慢性化してしまう傾向があります。
これを慢性副鼻腔炎といいます。


【急性の症状】
鼻水。
鼻づまり
頬、目、歯の痛み。
発熱。
流涙。


【慢性の症状】
鼻水。
頭が重い。
鼻づまり(匂いがわからなくなる。)
人によっては寝ている時鼾(いびき)をかくことがある。



【治療】
膿を取り除く。
抗生物質で炎症を抑えます。
【急性鼻炎】
ウイルスや細菌によって引き起こされます。発症しても1週間程度で治ってしまう急性鼻炎と完治しても急性鼻炎を繰り返し症状が慢性化してしまう慢性鼻炎とがあります。


急性鼻炎
特徴
はじめは水っぽい鼻が出る。
次第に粘度(粘り気)が増し、鼻水に色がついてきます。
色は黄色や緑っぽく膿のようなものに変わってきます。
喉の痛み、発熱、咳、痰など風邪と同じ症状が現れることがありますので、注意が必要です。
風邪だと思い、風邪の治療をしたが、鼻水や鼻づまりの症状が改善されない場合は耳鼻咽喉科で診てもらった方がいいと思います。


慢性鼻炎
特徴
病名にもありますように長期(慢性化)にわたり鼻水や鼻づまりの症状がある。
軽い頭痛を伴うこともあります。


【治療】
炎症を起こしている箇所(部分)に直接薬剤を塗布。
症状によっては鎮痛剤や解熱剤、抗ヒスタミン剤、抗生物質などの処方もあります。
【アレルギー性鼻炎】
一言でアレルギー性鼻炎と言っても様々なアレルゲンによって起こります。何らかのアレルゲンによって鼻の粘膜が刺激され起こります。


【症状】
くしゃみ。
鼻水。
鼻づまり。


【原因】
室内のほこり、チリ、ダニ、カビ、猫や犬などの毛、羽毛。
更には化学物質や化粧品。


【治療】
抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの対症療法。
時間(年数)は掛かりますが、原因となるアレルゲンに抗原を体内に注入して行う滅感作療法(めっかんさりょうほう)。



【花粉症】
1年を通して様々な花粉アレルギー(アレルゲン)があります。
春はスギ、ヒノキ。
秋はブタクサ(セイタカアワダチソウ)などがよく知られているアレルゲンです。

【アレルギー性鼻炎】
様々なアレルゲンによって
鼻の粘膜が刺激されくしゃみ、鼻水、鼻づまり
の症状が出ます。

室内の掃除をするとくしゃみや鼻水が出る!!
心当たりがある方いると思います。
室内のホコリ、チリ、ダニ、カビ、
更には羽毛などが原因で過敏に反応して
症状が出るケースもあります。

【花粉症】
花粉がアレルギーの原因の場合をいいます。
どうして花粉症になる人とならない人がいるかというと免疫機能の一つでもあるIg<抗体が杉花粉を異物としてIg抗体が体の中で作られ体内から異物を出そうとして反応してしまう為だといわれています。
これは遺伝的なものがかなりありますので、家族で花粉症になってる人は要注意です。Ig抗体を持ってるかどうかは血液検査などで調べることが出来ます。Ig抗体を持ってる人は今は発症してなくても「予備軍」なので環境の変化などで突然デビューしてしまうこともあります。

発症してしまったらマスクやゴーグルを付け症状を少しでも軽減しましょう。で症状軽減治療として注射をするところがありますが、あくまでも聞いた話なので何の根拠もないですが、特に女性には避けて欲しい治療だそうです。女性ホルモンのバランスが崩れるそうですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。