浮腫み

ここでは、「浮腫み」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【浮腫みの原因は】
朝起きると手やまぶたが浮腫んでる
なんて事を経験したことはないですか
前日に水分を摂り過ぎたって思い当たる
事ないですか

浮腫みの原因は水分代謝が上手く出来ないと
起こるといわれています。
勿論血液の流れ(血流)の悪さ新陳代謝に何らかの
トラブルがある場合もあります。

病気が原因してることもあります。


【次の症状の場合】
腎機能の低下、腎臓の病気が原因してる可能性があります。
泌尿器科等で検査してください。
浮腫みの症状がある。
尿の回数が減った。
血尿が混じることがある。


【次の症状の場合】
心不全や心疾患の可能性があります。
浮腫みの症状がある。
胸の痛みがある。
呼吸困難を起すことがある。


【次の症状の場合】
甲状腺機能低下症の可能性があります。
むくみの症状がある。
急に寒がりになった。
汗を掻くことが少なくなった。
急に太ったような気がする。


【次の症状の場合】
リンパ浮腫の可能性があります。
片側の膝・足だけの浮腫み。
子宮がんもしくは乳がんなどの
手術を受けたことがある。


【次の症状の場合】
月経前症候群月経困難症の可能性があります。
浮腫み。
生理前や生理中に多くみられる。


この他にも
ダイエット中で偏食だとバランスの取れた食事が
出来なくなります。
無理の無いダイエットを心がけましょう。
過激なダイエットは色々な病気の引き金にもなりかねません。
長時間立ってる。同じ姿勢でいると
浮腫みの原因になります。
浮腫みが長時間続き改善されない場合は
内科で検査した方がいいですね。
妊婦の方は浮腫みの症状が出易くなります。
症状が辛い時はかかりつけの医師に相談して
下さい。
下剤や利尿剤を服用中でも
浮腫みの症状がでます。
病院から薬を貰ってるときは医師に相談して
ください。


足の浮腫みの原因は

四つんばいの動物のような体形だと頭、手、足の先まで
滞りなく、血液が流れ心臓に戻ってくることが出来ます。
しかし人間に様に二足歩行だと心臓から
血液は押し出すことは容易ですが、
足(下)に流れた血液を重力に逆らう形で心臓に
戻すということは容易なことではありません。
足の下の方に静脈血やリンパ液がうっ滞し易く
浮腫みの原因になると言われています。
足を心臓より高くすることで足に溜まった血液が心臓へ
戻るため、浮腫みも改善される筈です。
スポンサーサイト
【リンパ浮腫】
生まれつきリンパ管の発育が悪いとされる
一次性と乳がんや子宮がんなどの
術後に起きる二次性とがあります。


一次性
何らかの原因で、リンパ管の数が少ない状態。
したがって全てのリンパ液を処理できず浮腫みが
起きるといわれています。

二次性
乳がんや子宮がんの手術の際、リンパ節を
切除したことで、リンパ管が圧迫、狭窄(きょうさく)
されることが原因で、リンパの流れが悪くなり、
浮腫みの症状がでると言われています。
又、若い女性程この二次性の症状がでるとも
云われています。


【症状】
どちらの場合でも片側の膝や足に
浮腫みが見られ太くなったようになります。
指で押しても後が付かず残らず
痛みも皮膚の変色も見られません。

症状の進行はゆっくりのんびりですが、
放置したり、炎症を度々繰り返すと
象のように皮膚が厚く硬くなる
「象皮症」(ぞうひしょう)に
なる可能性もありますので、注意しましょう。


【治療】
マッサージで刺激を与えリンパや血液の流れを
よくする療法や伸縮性のある包帯を巻いて
圧迫療法などが主です。
浮腫んでいる場所にも依りますが、心臓より高くして
血流をよくしたり、軽い運動、ストッキングでの圧迫などで
対処も出来ます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。