おしっこの異常(排尿時)

ここでは、「おしっこの異常(排尿時)」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商品名:腎仙散 18包
説明:本品は、体内の水分の状況に応じて尿量を増減し、調整的に働くため、新薬のように必要以上の水分を排泄してしまうことがないという特長があります。
腎仙散 18包


商品名:小太郎 八味地黄丸料エキス錠 150錠
説明:疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少、または多尿でときに口渇がともなう頭痛、下肢痛、しびれ、頻尿、排尿困難、むくみ、老人のかすみ目、かゆみなどに用いられます。
小太郎 八味地黄丸料エキス錠 150錠


商品名:小太郎 五淋散エキス錠 150錠
説明:排尿痛や頻尿、残尿感など尿のトラブルに効果をあらわす漢方薬です。
小太郎 五淋散エキス錠 150錠


商品名:ハルンケア内服液 30ml*10本
説明:体力の低下、下半身の衰え、手足の冷えを伴う方の軽い尿もれや頻尿、残尿感、尿が出渋るといった症状を緩和します。
ハルンケア内服液 30ml*10本

スポンサーサイト
【おしっこの異常(排尿時)】
排尿の仕組み・・・
膀胱に尿がある程度溜まると
尿意を感じ排尿します。
排尿時異常とは・・・
急に尿意を感じ、結果我慢できない。
おしっこが中々でない。
痛みがある。
トイレの回数が増えた。
このようなトラブルを云います。


トイレが近い。。。
【次の症状の場合】
腹圧性尿失禁の可能性があります。
トイレが近い。
咳やくしゃみなどお腹に力が
かかるときに尿がもれてしまう。


【次の症状の場合】
切迫性尿失禁過活動膀胱の可能性があります。
トイレが近い。
尿意を感じ初めると我慢が出来ず、
もれてしまうことがある。


【次の症状の場合】
腹圧性尿失禁溢流性尿失禁(いつりゅうせい)の可能性があります。
トイレが近い。
尿意が無くても尿がもれる。
おしっこが出にくいにも拘らず
尿もれがある。


【次の症状の場合】
腎炎や腎機能が低下してる可能性があります。
トイレが近い。
水分摂取量は増えてないのに
おしっこの量が増えた。


【次の症状の場合】
糖尿病の可能性があります。
トイレが近い。
甘い臭いのおしっこが出る。
体全体がだるい。


【次の症状の場合】
膀胱痛症候群・間質性膀胱炎の可能性があります。
トイレが近い。
おしっこが溜まってくると
下腹部の痛みがでる。


この他にも・・・
加齢と共に膀胱を支える骨盤底筋が
弱くなると頻尿になります。
夜寝ている間に2回以上トイレで目を覚ますと
いう場合な一度泌尿器科でご相談されると
いいと思います。
トイレが近く、無意識で尿がもれる
症状があり長引く場合は他の病気が隠れている可能性が
ありますので、泌尿器科でご相談されることを
お薦めいたします。
水分の摂り過ぎでトイレが近く
なることもあります。コーヒーやお茶など
カフェインが含まれた飲み物。またはお酒など
アルコール類を飲むと排尿が促進されます。
しかし症状が長引く場合は他の病気が隠れている
ことも考えられますので一度泌尿器科で受診される
といいと思います。
妊娠後期は膀胱が圧迫され
頻尿になりがちです。
骨盤底筋体操など骨盤底筋を鍛えることで
あらゆる尿失禁の進行を食い止める事が出来ます。


痛み・出が悪い
【次の症状の場合】
膀胱炎腎盂腎炎の可能性があります。
おしっこをするときに痛みを感じる。
下腹部あたりに痛みを感じる。


【次の症状の場合】
神経因性膀胱子宮下垂・子宮脱膀胱瘤の可能性があります。
おしっこの出が悪い。
残尿感がある。
頻尿の症状がでることもある。


この他にも・・・
排尿時に何らかの障害・トラブルが
あるときは泌尿器科でご相談されることをお薦めいたします。






【膀胱瘤】
骨盤内の臓器である膀胱が骨盤底の筋肉の
衰えで、膀胱が正常位置より下がり、
外に出ている状態をいいます。

【特徴】
残尿感。
頻尿がち。
股の間に異物が挟まってる感じが
あり、歩行障害もでる事がある。

【治療】
症状が軽い場合は骨盤底筋体操
改善されないときは飛び出した膀胱を
手術で戻す手段をとります。
【膀胱痛症候群・間質性膀胱炎】
間質とは上皮と筋肉の間。
ここに慢性の炎症が起きる病気です。
中年以降の女性に多く発症。

【特徴】
昼夜問わず頻尿。
尿が溜まってくると
下腹部に痛み。
カフェイン、柑橘系の果物、
豆類などの摂取で症状が悪化することもあります。

【治療】
膀胱を水圧で広げる治療が基本となり、
症状をコントロールさせる様々な薬を
使用していきます。
【溢流性尿失禁】いつりゅうせい
自分の意思とは関係なく尿がもれる。
日常生活に支障をきたす病気を
まとめて「尿失禁」といいます。
微妙な症状の違いで4つに分ける事が出来ます。
そのうちの一つです。

【特徴】
尿が出にくく更につまって、溢れだす(もれる)
状態です。
尿意が弱く残尿感もあまり分からない。

【原因】
神経因性膀胱が原因の事が多い。
子宮がんの術後や脳梗塞、
変形性脊椎症が原因で起こることもあります。

【治療】
膀胱に溜まってる尿を排泄します。
原因となる病気の治療と排出障害を
改善させる薬物療法を併用します。

この病気は放置してしまうと
膀胱変形や腎臓機能低下を起す
可能性が考えられますので
必ず泌尿器科で治療を受けるよう
心がけてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。