生理不順・生理がない

ここでは、「生理不順・生理がない」 に関する記事を紹介しています。

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無理なダイエットや過度のストレス、
激しいスポーツを頻繁にやるなどで
脳からくるホルモン機能が低下してなることがあります。

痛みがないからといって気にしながらも
放置していないで婦人科を受診されることを
お薦め致します。

また生理が急に来なくなったらやはり婦人科の受診を。
早めに。。。出来れば3ヶ月以内に・・・。

ここでは生理不順や生理がこない
いった症状にどんな病気が隠れているか探してみましょう。
但し妊娠の可能性がある場合は除きます・・・。


【次の症状の場合】
処女膜が閉鎖して起こる原発性無月経の可能性あり。
18歳を過ぎても生理が来ない(初経)。
しかし下腹部の痛みや腰痛が周期的に
(月1)ある。

痛みがない場合はホルモン異常による
原発性無月経の可能性あり。


【次の症状の場合】
続発性無月経の可能性あり。
無理なダイエットをしている。
過労・ストレスが溜まっている。
生理が来なくなって3ヶ月以上経つ。


【次の症状の場合】
多のう胞性卵巣無排卵性周期症の可能性あり。
無理なダイエットによる体重減少。
過労・ストレスが溜まっている。
ダラダラと出血が続くあるいは
生理が来なくなって3ヶ月以下の場合。


このほかにも甲状腺機能の異常、卵巣や子宮の病気、
ホルモン分泌の異常、糖尿病などが原因で生理が
止まったりします。3ヶ月以上来ない場合は
他の症状が無くても婦人科を受診しましょう。





スポンサーサイト
【多のう胞性卵巣】

この病気は卵胞(未成熟)は排卵されず卵巣の中に留まる病気です。

通常卵巣は一定の周期で排卵を繰り返します。
しかし何らかの原因で排卵が出来なくなり卵胞が溜まり
卵巣がのう胞(小さな袋状態)の詰まった状態
になってしまいます。
更に卵巣を覆っている皮膜が硬く分厚くなり排卵が出来なくなります。

生理が来なくなる期間が次第に長くなり、
無月経の状態にまでなることがあります。

【原因】
脳から(下垂体)くるホルモンのバランスが崩れる事が原因と
されています。
ホルモンバランスは精神的ダメージや偏食などで崩れることも
あります。


【治療】
妊娠の予定がある方は排卵誘発剤で排卵を促進。
妊娠の予定がない方はピル(低用量)などの
ホルモン剤を服用。


注意
無月経が長期に渡ると子宮内膜に影響
及ぼすことは勿論の事、不妊の原因にもなりなます。
また子宮ガンにかかるリスクも高い

何度も申しあげますが3ヶ月以上生理が来ない場合は
婦人科を受診してください。

【無排卵性周期症】

正常周期でもダラダラと出血してる場合はこの病気の
疑いがあります。

この病気の特徴として生理不順や正常周期の方でも
ダラダラと出血が続くような生理は無排卵状態だといえます。
この状態を無排卵性周期症といいます。


判断の方法ですが基礎体温の測定で判断します。
低温期と高温期の体温の差が0.3℃以下だと無排卵の可能性があります。


【治療】
妊娠を予定の方には排卵誘発剤で排卵を促進。
妊娠の予定がない方はピル(低用量)などのホルモン剤の服用。

誘発剤治療は生理が始まって5日目から飲み始めますので、
生理不順でも通常周期でも生理中に受診されるといいかも。




【続発性無月経】

妊娠や授乳期間など特別な理由がなく生理が
来なくなってから3ヶ月以上経過している状態。

この病気は精神的ダメージや肉体的ストレスが原因で
女性ホルモンのバランスが崩れて起こるとされています。

しかし無理なダイエットや摂食障害が原因で起こる
事もありますので、急激な体重減少などをしない
無理のないダイエットをされること望ましいです。


他にも高プロラクチン血症、甲状腺異常、副腎皮質異常
抗がん剤の副作用、糖尿病の症状などが原因で
起こる可能性がありますので、
3ヶ月以上無月経の場合は必ず婦人科を受診してください。



【治療】

妊娠をする予定が直ぐにでもある人は
排卵誘発剤で排卵を促進。

妊娠をする予定がない人(未婚とかの理由で)は
ホルモン補充療法。

精神的(ストレス)やダイエットが原因の場合は
心のケアも重要視されますのでカウンセリングを
同時に行いながらの治療することもあります。


精神安定剤や胃腸などの薬剤を使用して
高プロラクチン血症の疑いがある人の場合は、
原因となる薬剤を中止する訳にはいかないので、
プロラクチンを下げる薬を服用して様子をみる。


プロラクチンとは視床下部や下垂体から指令がでる
ホルモンの一つで乳汁分泌ホルモンのことです。
詳しくは女性ホルモンを参考にしてください。





【原発性無月経】

この病気は18歳を過ぎたのに
今だ生理が一度もきたことがない
所謂初経を迎えてない状態のことを指します。

多くの原因は染色体異常や
ホルモン異常に依る、卵巣などの発育不全とされています。

痛みを伴う場合は本当は生理が起きてるのに
処女膜や膣が閉鎖していて出血出来ない事が原因の可能性がある。

他には副腎の異常で男性化してしまう。
生まれつき子宮や膣がない。

このような場合もありますので、
生理不順や生理が来ない
というトラブルを抱えている時は早めに婦人科を受診してください。


【治療法】
この病気に罹った原因によって異なってきます。

染色体異常で起こる卵巣発育不全の場合は
性器の老化を防ぐために女性ホルモンの投与。

そうでない場合は女性ホルモンは勿論のこと
排卵誘発剤や性ステロイド薬を投与。

但し、処女膜や膣が閉鎖してる場合は
手術で路を作り出血出来るようにします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。