女性の病気(痔・生理不順・生理痛・尿トラブルなど)を症状から病名・治療法までをわかり易く解説!また結婚相談所の徹底比較や生命保険の見直しも出来ます!全国対応! 無記名封筒対応!

★サイト内の案内

★病名からお探しの場合はブログ内検索で病名を入力して下さい
★症状からお探しの方はカテゴリーからお入りください。
尚、ここに載ってる症状はあくまでも一般的に言われている症状です。 気になることがありましたら、専門医でご相談されることをお進め致します。

今の生命保険を見直したいとお考えなら最大15社まで生命保険 のパンフレットが無料で取りよせられる!
生命保険資料一括請求【無料】

 
【どの保険に入ったらいいか相談したい】 ファイナンシャルプランナーが保険の相談を丁寧に受けてくれます! 生命保険FPによる見直し相談【無料】


お役に立つ?情報集(結婚相談・ハウスクリーニング・ピアノ買取・引越業者比較など)
商品(薬)の紹介(痔の薬・肌荒れ・売れ筋商品など)
生命保険・自動車保険の見積もり(比較など無料です)


★当サイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はこちらからご連絡ください。
相互リンク集
相互リンク集1~結婚相談所関連~/// 相互リンク集2~女性の病気関連~/// 相互リンク集3~SEO対策関連~/// 相互リンク集4~SEO対策関連~



 
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【咳が出る・痰が出る】
季節の変わり目や気圧の変化で体調を崩しやすくなります。日頃から喉は強くない方は要注意です。
のどは病原体やほこりなどに反応し、有限物質(病原体やほこり)の体外侵入を防ごうと咳やたんを出します。

ですからむやみやたらに自分の判断で咳止めを飲んだりせず、医師の診察のもとで適切な治療を受ける事が大切です。


【次の症状の場合】
肺炎の可能性があります。
大至急(呼吸器科もしくは内科)病気で診察して下さい。
せき・たんがでる。
発熱(38℃以上)を伴う。
胸の痛みがある。
血痰が出ることがある。
但し、高齢者の場合発熱しないことがありますので注意が必要です。




【次の症状の場合】
肺結核肺がんの可能性があります。
咳やたんが4週間以上続きでる。
血痰。
発熱。



【次の症状の場合】
気管支拡張症の可能性があります。
咳が頻繁に出る。
たんが1日10回以上でる。
たんの色が黄色・緑・黄土色をしている。
発熱を伴う(場合も考えられます)。




【次の症状の場合】
気管支ぜんそくの可能性があります。
渇いた咳が出る。
ゼーゼーと苦しそうな呼吸をしている。
横になる!寝ようとすると一段と咳が出る。
朝から夜にかけて症状が悪化する。




【次の症状の場合】
心不全の可能性があります。
咳やたんがでる。
横になる!寝ようとすると咳がひどくなる。
泡状の白いたんが出る。
全身(一部)に浮腫みがある。



【次の症状の場合】
COPD(肺気腫・慢性気管支炎)の可能性があります。
咳やたんの症状がが長期(2年以上)に亘る。
階段を上る時など動悸や息切れがする。
喫煙者である。



この他にも
ストレスや更年期で喉が乾き(乾燥)咳が出ることもありますが、
肺や気管支の病気の疑いも考えられます。
耳鼻咽喉科・呼吸器科・内科で一度検査を受けることをお進めします。


また激しい咳(せき込むように)を急にした場合
喉に物を(異物)詰まらせている事が考えられます。
一時的な事が多いですが、呼吸が苦しくなる!苦しそうにしているような時は大至急、救急病院へ(呼吸器科・内科)



スポンサーサイト
【気管支ぜんそく】
気管支粘膜に慢性的な炎症(アレルギーや感染症)が起こることで、気管支が狭くなり空気の通り道が悪くなります。


【発作の症状】
咳(乾いた咳)。
ゼーゼーと呼吸が苦しい。
痰が出る。
呼吸困難。

発作の多くは夜半から明け方にかけて起こりますが、
精神的に不安定な場合は時間関係なく起こりますので注意が特に必要です。


【原因】
チリ、ホコリ、ダニ、カビなどのアレルゲン(原因物質)に対して反応を起こし発作が起きます。


【治療】
ステロイド剤の吸入。
気管支拡張剤(テープや飲み薬)などで発作をしずめます。


喘息の発作を起こさないようこまめに掃除をしたり、過労やストレスを溜めないようにすることで予防にもつながります。
腹式呼吸が効果的とも言われています。
小さなお子様などはスイミングに通わせると効果がかなりあるそうです。
【気管支拡張症】
気管支が拡張したまま(状態)元に戻らない病気です。


【症状】
咳やたんが出る。
たんが一日10回以上からむ。
黄色系のたん。
細菌に感染すると発熱を伴うことがある。


【原因】
肺炎などの後遺症の一つと考えられていますが、様々な要因で起こり、原因を特定しにくい病気です。


【治療】
絡んで中々出ないたんは器具や薬を使い、人工的に出します。
細菌に感染している場合は抗生物質も併用します。
【肺がん】
一般的に肺がんと呼んでますが、肺から発症したがんの総称です。


肺がんの多くは「腺がん」と「扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん」の気管支粘膜に発生(発症)する2種類になります。


【症状】
大概は症状が出る前に健康診断などで発見されることが多いですが、
4週間以上続く咳。
喀痰(かくたん)。血痰。
発熱。
呼吸困難。
胸痛。
主に呼吸器の症状がきっかけで発見されます。



【検査】
早期発見には、やはりX線検査と喀痰(かくたん)細胞診検査が一番です。


【原因】
正常な肺に突然がん細胞が出来る原因の一つとして喫煙が大きく影響していると考えられています。
がんが発生するメカニズムが解明されていない現代では予防策として
喫煙を控える!もしくは禁煙することを心がける必要があるといえます。


【治療】
肺葉(はいよう)切除の外科的治療。
広範囲にわたってがんに侵されている場合や肺だけでなく他の臓器にも転移している場合などは抗がん剤投与したり、局所的に放射線治療を行います。


喫煙者(多くの男性)=肺がん
男性の多いとされてきた肺がんですが、近年は女性でも喫煙してる方が多くなり、女性の肺がん患者数が増加しています。

一番厄介なのは本人は喫煙していなくても喫煙者の傍で煙を吸い込んでいれば喫煙者と同じ(それ以上)く肺がんへの危険性大です。
煙の方が毒性が高いとも言われているくらいです。
【肺結核】
結核菌と呼ばれる細菌が肺に感染して起こる慢性疾患の伝染病です。


【症状】
徐々に進行していく病気で初期の段階(発症時)では自覚症状がない。
進行と共に。。。
微熱が続く。
倦怠感。
食欲不振。
体重減少。
更に。。。
このような症状が現われてくるとかなり進行してます。
咳・たんが出始める。
肺や気道の出血。
呼吸困難。
胸痛。


【治療】
結核予防法に定められていますので、周囲の人への感染を防ぐためにも入院して治療する必要があります。
しかし近年では結核菌が痰から排菌されていないとわかった場合は外来治療が可能なこともあります。が、必ず医師と相談してからにしてください。ご自分の判断は禁物です。
薬物療法が一般的です。
リファンピシンとイソニアジドです。
治療中は安静が必要で、十分な栄養補給も同時に行います。
病状によっては手術を選択しなくてはならないこともあります。



感染を予防するためにも

結核菌に対する免疫があるかどうかの検査をすることがよいでしょう。
陰性の場合(特に乳児)BCGワクチン接種を受け免疫を付けることが大切です。
【耳の異常(耳鳴り・聞こえが悪い)】
耳鳴りや聞こえが悪いという症状の多くはストレスや過労・睡眠不足が原因している場合が多いです。忙しくしている現代女性は特に注意したい病気です。
めまいを伴う耳鳴りの場合は要注意です。
代表的な病名でメニエル病の可能性があります。


また原因がはっきりしないが聞こえが悪いという症状は老化現象の一つと言われていますが一度耳鼻咽喉科で検査することをおすすめします。





【次の症状の場合】
突発性難聴の可能性があります。
急いで耳鼻咽喉科で検査して下さい。
めまいを伴う耳鳴りがする。
朝起きて全く耳が聞こえない時がある。


【次の症状の場合】
メニエル病など内耳の病気の可能性があります。
回転性のめまいを伴う耳鳴りがする。
吐き気・嘔吐を伴う。


【次の症状の場合】
閉経前後なら更年期障害そうでない方は聴神経腫瘍の可能性があります。
めまいがする。
耳鳴りの症状もある。
聞こえが悪いこともある。


【次の症状の場合】
外耳道炎の可能性があります。
耳たぶを触ると痛み(激痛)を感じる。
または食事中に痛みが出る。
耳鳴りなどの症状はない。


【次の症状の場合】
急激な気圧の差によって一時的に聞こえが悪くなることもありますが、痛みを伴う場合は下記の病気が疑われます。
鼓膜裂傷の可能性があります。
急に聞こえが悪くなった。
高低差の大きい(激しい)場所に行った。
耳の痛みを伴う。


【次の症状の場合】
騒音性難聴の可能性があります。
急に聞こえが悪くなった。
長時間大音量の音が流れている環境に居た。(ライブハウスなど)
痛みを伴うこともある。


【次の症状の場合】
急性中耳炎の可能性があります。
急に聞こえが悪くなった。
ズキンズキンとした痛みがある。
鼻水や咳など風邪の症状がある。


【次の症状の場合】
耳管狭窄症の可能性があります。
また更年期障害の症状として現れることもあります。
耳が塞がれたような感じがする。
自分の声だけが大きく響くように聞こえる。






【耳管狭窄症】じかんきょうさくしょう
原因となる疾患で起こる病気です。


【症状】
耳が塞がれた感じ。
自分の声だけが大きく響いて聞こえる感じ。
耳鳴り。
難聴。


【原因】
風邪の症状で耳管に炎症が起こる。
咽頭扁桃が炎症を起こし肥大して起こる。
上咽頭に腫瘍が発生して起こる。


【治療】
原因疾患の治療を行いながら、空気を中耳腔に送り通気を良くします。
滲出性中耳炎の場合は鼓膜を切開して分泌物を取り除き、抗生物質や抗炎症剤を処方します。



【急性中耳炎】
鼓膜の奥にある中耳に炎症が起こる病気。


【症状】
激しい耳の痛み。
発熱。
一過性の難聴(聞こえが悪くなる。)
耳がふさがった感じで声がこもって聞こえる。


【原因】
風邪の症状で呼吸器に炎症が起き、口や鼻から耳管に細菌が侵入して中耳に感染する。


【治療】
安静を保つこと。
抗生物質や鎮痛剤、消炎酸素剤などで炎症や痛みを抑えます。
また鼓膜の内側に膿が溜まっているような時は鼓膜を切開して膿を取り除くといった処置(治療)をすることもあります。
鼓膜は切開しても自然治癒しますので大丈夫です。


【補足】
中耳炎には先に紹介した急性とこれから紹介する慢性、更に滲出性(しんしゅつせい)とがあります。

慢性中耳炎
急性中耳炎などから引き起こされます。

症状
耳だれ。
難聴。
症状が進むと(悪化すると)
頭痛。
耳の痛み。
が現われてきます。

滲出性中耳炎
急性中耳炎を起こしたあと、耳管の炎症が治まらないと粘膜が腫れ、
滲出液が耳管に溜まってしまう病気です。
また耳管狭窄症と同じような病気です。

症状
耳が詰まった感じ。
聞こえが悪くなる。

子供や高齢者に多く、急性中耳炎の病気を完治させないと起こります。
根気よく治すことでこの病気は防げますので小さなお子様が中耳炎にかかったら先生(耳鼻咽喉科)がもういいですよ!と云うまでは通院することがベストです。
子供は中耳炎を繰り返しやすいです。。。
【騒音性難聴】
大音量を聴き続けたりすることで音が聞き取りにくくなる病気です。


【症状】
耳の痛み。
耳が塞がった感じ。
耳鳴り。
上記のような症状があり次第に聴覚が低下。


【原因】
騒音の中での作業。
ヘッドホンで音楽を聴き続けたり。
大音量を聴き続けたり。
このような事が原因で内耳の聴覚の感覚神経が傷つくことが原因。
一時的な場合が殆どですが、長時間原因である環境が続くと慢性的に聞こえない!あるいは一定の音域が聞こえない!といった症状が出ます。


【治療】
ステロイド剤、血管拡張剤、ビタミン剤などを服用して治します。
【鼓膜裂傷】
耳を強くたたくような行為(状況)で鼓膜に穴があく病気です。


【症状】
急に聞こえが悪くなる。
痛みを伴う。
耳が詰まった感じがする。


【原因】
水中ダイビングなど気圧の変化が著しい環境の中にいたり、
耳掃除や耳を強くたたくなどの外傷的な行為によって鼓膜に穴があいてしまう。


【治療】
あいた穴の大きさで治療法が決まりますが、大概は1週間くらいで自然治癒します。

【外耳道炎】
外耳道とは・・・耳の穴(入口)から鼓膜までの管状部分を指します。


【症状】
耳たぶを触ると痛みが出る。
または食事中に痛みが出る。
症状が悪化すると膿のかたまり(耳せつ)が出ることもある。


【原因】
海水浴中や入浴中に汚れた水が耳に入ったり。
耳掃除中にうっかり傷を作りそこから細菌に感染。
このようなことで外耳道が炎症を起こし病気にかかります。


【治療】
まずは外耳道を清潔に保つことがとても大切です。
抗生物質の服用。
軟膏を塗る。
消炎鎮痛剤で痛みを和らげます。
また耳せつ(じせつ)が出てしまえば痛みは自然と緩和されます。
【聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)】
内耳の奥にある聴神経に起こる、良性の腫瘍です。
がん化したり転移したりの心配のいらない腫瘍ですが腫瘍が大きくなり腫瘍を切除しても顔面麻痺や聴力低下などの後遺症が残ることもありますので下記の症状が現れたら早めに診察して下さい。


【症状】
腫瘍が小さい内は・・・
耳鳴り。
難聴。
めまい。
腫瘍が大きくなると頭蓋内を圧迫させてしまうので
頭痛。
顔のしびれや痛み。
不安定な歩行。
平衡感覚障害。
この他にも目の異常や片側性の神経痛が症状として現れることもあります。


【治療】
腫瘍の大きさで治療法が違います。
手術による切除。
放射線(ガンマナイフ)照射などを行うこともあります。

【突発性難聴】
内耳性の難聴。突然片耳に発症。


【症状】
耳鳴り。
耳が塞がった感じ。
嘔吐や吐き気を伴う場合もある。
まれに回転性のめまいを起こすこともある。
音が聞き取りにくい程度から全く聞こえなくなるといった状態になるのでかなり個人差がある病気です。


【原因】
内耳の循環機能障害やウイルス感染説が言われていますが正直いって原因ははっきりしていません。

ストレスのたまり過ぎ。
睡眠不足。
過労。などの時多発するとだけはわかっているようですが。。。


【治療】
ステロイド剤、血管拡張剤、ビタミン剤で治療します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。