緊張型頭痛

ここでは、「緊張型頭痛」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【緊張型頭痛】
この病気も女性が多いと云われている頭痛です。
目を使う仕事や細かい作業をし続けると、
どうしても、筋肉が緊張(凝固)して血液の
循環が悪くなります。
そうなると痛みが生じてきます。

【症状】
後頭部やこめかみが締め付けられる
ような痛みを感じる。
頭全体が重く感じたりもします。

肩凝りの酷い人やストレスなどで、
首から肩にかけて筋肉が緊張が原因で起こります。

【治療】
緊張している筋肉を温め、血行を良くすることで、
緊張が取れ、症状も無くなってきます。
長時間同じ姿勢や同じ作業をしないよう
時々首や肩を廻すなどして血行をよくしましょう!!
またお風呂にゆっくりと浸かり良く揉み解しましょう!!

【予防と対策】
血行を良くツボ(百会・天柱)を押して予防することも
出来ます。

百会(ひゃくえ)
頭の一番上(てっぺん)!
左右の耳を結んだ線の中央です。
ここを親指で押さた状態で他の
指は頭を軽く支えながら、
10~15回程度強くツボをおします。

天柱(てんちゅう)
このツボは肩凝りや目の疲れにも
効果があります。
うなじ中央のくぼみから両外側に
約3㎝離れたところを人差し指と
中指で10~25回押さえます。
更にこのツボから百会のツボまで
軽く押しながら2~3回往復するのも
疲れを取る効果があると言われています。


以上の事をやっても改善されない場合は
我慢しないで内科を受診されると
いいとおもいます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/101-9aa365b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。