胆石症

ここでは、「胆石症」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【胆石症】
中高年の女性に多く、高齢者が発症すると
胆のうがんを併発(合併)することもあります。
胆汁に含まれる成分が胆のう、胆管内で結晶化して
結石ができる事で痛みが発症する病気です。


石の成分はコレステロールが殆どで、
胆汁にコレステロールが溜まる事で
コレステロール胆石にと、
胆汁の黄色い色素のビリルビンが
カルシウムと結合、融合してなる
ビリルビン胆石とに分かれる。


【症状】
吐き気・嘔吐。
胃の不快感、違和感。
みぞおちから右わき腹(腹部)の痛み。
食欲不振。
発熱や黄疸の症状が出ることも!!!


【治療】
胆石の大きさを調べます。
症状にもよりますが、胆汁酸製剤を処方。
または腹腔鏡や開腹で胆のうを切除したり
します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/105-8c2f27b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。