リンパ浮腫

ここでは、「リンパ浮腫」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【リンパ浮腫】
生まれつきリンパ管の発育が悪いとされる
一次性と乳がんや子宮がんなどの
術後に起きる二次性とがあります。


一次性
何らかの原因で、リンパ管の数が少ない状態。
したがって全てのリンパ液を処理できず浮腫みが
起きるといわれています。

二次性
乳がんや子宮がんの手術の際、リンパ節を
切除したことで、リンパ管が圧迫、狭窄(きょうさく)
されることが原因で、リンパの流れが悪くなり、
浮腫みの症状がでると言われています。
又、若い女性程この二次性の症状がでるとも
云われています。


【症状】
どちらの場合でも片側の膝や足に
浮腫みが見られ太くなったようになります。
指で押しても後が付かず残らず
痛みも皮膚の変色も見られません。

症状の進行はゆっくりのんびりですが、
放置したり、炎症を度々繰り返すと
象のように皮膚が厚く硬くなる
「象皮症」(ぞうひしょう)に
なる可能性もありますので、注意しましょう。


【治療】
マッサージで刺激を与えリンパや血液の流れを
よくする療法や伸縮性のある包帯を巻いて
圧迫療法などが主です。
浮腫んでいる場所にも依りますが、心臓より高くして
血流をよくしたり、軽い運動、ストッキングでの圧迫などで
対処も出来ます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/109-8d1cf2c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。