食中毒

ここでは、「食中毒」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【食中毒】
原因に依って
「細菌性食中毒」と「非細菌性食中毒」に
分かられる。


【細菌性食中毒】
主な病原性大腸菌
腸炎ビブリオ菌、サルモネラ菌、0ー157。
主な毒素
ブドウ球菌、ポツリヌス菌。

【症状】
お腹全体の痛み。
下痢。
嘔吐。(吐き気)
血便。
発熱、頭痛。
寒気、倦怠感。
更に・・・
視力障害、言語障害。
呼吸困難。
神経系などが先に症状として現れることもあります。

注意しなければならない症状が・・・
呼吸麻痺、意識障害、腎臓機能低下を起し排尿障害、
ショック状態、脳炎などです。

【治療】
輸液療法を中心に。
改善されない!重症な症状の場合は感染した細菌に
あった抗生物質を投与します。


【非細菌性食中毒】
化学物質、毒キノコ、ふぐ毒などによって中毒症状を
起す病気。

【症状】
お腹全体の痛み。
下痢。
吐き気、嘔吐。
更に・・・
痙攣(けいれん)。
意識障害。
口膣の痺れ(しびれ)。
手足の感覚麻痺。
運動麻痺、発声麻痺。
呼吸困難。
などの症状も出てきます。

【治療】
胃洗浄、腸洗浄、下剤で一刻も早い有害物質を
排出させることが重要とされます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/122-b374b0fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。