消化性潰瘍

ここでは、「消化性潰瘍」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【消化性潰瘍】
様々な要因があると言われていますが、
胃液中には攻撃型因子(胃酸、ペプシン)と
防御型因子(粘膜)があります。
この二つのバランスが崩れることで
胃壁に傷がついて炎症を起す病気です。

【症状】
おへその上の痛み。
胸焼け。
吐き気、嘔吐。
潰瘍が出血すると
吐血、下血。
の症状が見られる。

*ピロリ菌が原因の場合もあるそうです。
*ストレスや自律神経異常でも発症することがあります。

【治療】
制酸剤や粘膜保護剤が主です。
ピロリ菌には抗生物質。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/124-72061f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。