過敏性腸症候群

ここでは、「過敏性腸症候群」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【過敏性腸症候群】
便秘と下痢が交互に繰る返される「不安定型」。
慢性的に下痢が続く「下痢型」。
激痛を伴い便に混じって大量の粘液が出る「分泌型」。
要因となる炎症を起してないにもかかわらず、
様々な症状を繰る返す病気です。


ストレスが原因で交感神経と副交感神経の
バランスが悪くなり自律神経失調症状態になる為に
腸液分泌の異常が起き、下痢や便秘をひき起こすと
いう仕組みです。
ですから、気持ちがリラックス状態の時は
不思議と便通も正常に戻ってしまうのです。

【治療】
ストレスが主な原因となってるので、
ストレスを緩和させるような治療が
優先されます。
勿論、整腸剤も服用しますが、
同時に抗不安薬や精神安定剤も
処方します。


神経質な人や精神的に情緒不安定な
状態になり易い人などが発症し易い!!!!
神経を使いすぎないようにする事が
とても大事だといえます。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/126-7095d8f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
先日こちらで粘液便と言う物を知ったのですが、私も以前から粘液便と思われる物が...先日こちらで粘液便と言う物を知ったのですが、私も以前から粘液便と思われる物が出るときがあります。なんだろう?と思う程度であまり気にしてはなかったのですが、最近胃腸の調子が良く
2007/09/22(土) | 過敏性腸症候群
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。