膀胱痛症候群・間質性膀胱炎

ここでは、「膀胱痛症候群・間質性膀胱炎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【膀胱痛症候群・間質性膀胱炎】
間質とは上皮と筋肉の間。
ここに慢性の炎症が起きる病気です。
中年以降の女性に多く発症。

【特徴】
昼夜問わず頻尿。
尿が溜まってくると
下腹部に痛み。
カフェイン、柑橘系の果物、
豆類などの摂取で症状が悪化することもあります。

【治療】
膀胱を水圧で広げる治療が基本となり、
症状をコントロールさせる様々な薬を
使用していきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/142-cd068113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。