不眠の原因

ここでは、「不眠の原因」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不眠症にはいくつかのタイプがあります。
寝つきが悪い。
何度も目が覚める。
朝早く目覚めてしまう。

不眠は必ずしも病気が原因してるわけではありません。
ちょっとした生活リズム・環境を整えることで心地よい
眠りを取り戻せることも多いです。
日常何気にしている事が不眠の原因ってことも考えられます。
ここで例をあげてみましょう
眠る環境が悪い。(騒音・部屋の明るさ・室温)
就寝前のカフェイン摂取。(お茶・コーヒー・紅茶・たばこ)
時差のある地域を飛行機で移動。(時差ボケ)
深夜遅くに就寝して昼間近くに起きる。(生活リズムの改善)
仕事や人間関係など悩みを抱えている。(神経が張り詰めた状態)
身近な人の死、重症。(精神的ショック)
自分自身の失業。(精神的ショック)
失恋。(精神的ショック)
該当するものがあればそれを改善してみましょう!!!
ただし長引くときは専門医で相談しましょう!!!
精神科・心療内科がいいと思います。


勿論、不眠の原因が病気と関係してる場合もあります。
いくつか例をあげてみましょう
次の症状の場合
うつ病(状態)の可能性があります。
布団に入っても中々寝付けない。
または極端に朝早く目が覚める。
眠りを妨げるような環境ではない。(騒音や明るさなど)
就寝直前にカフェインを摂取していない。
だるさ・過労感がある。
気持の浮き沈みがある。

ただし~
症状が生理前に起こるのであれば
月経前症候群の可能性があります。
症状が閉経前後に起こるのであれば
更年期障害の可能性があります。


次の症状の場合
加齢によるものや高血圧症甲状腺機能亢進症の可能性があります。
極端に朝早く目覚める。
内臓疾患ではないかと指摘されたことがある。
著しく体調不良である。



次の症状の場合
パニック障害の可能性があります。
布団に入っても中々寝付けない。
眠りを妨げる環境ではない。
または極端に朝早く目覚めてしまう。
突然、強い不安感に襲われる。
動悸や息切れ・吐き気の症状が起こる。



次の症状の場合
睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
自分では良く寝てるつもりなのに昼間(日中)眠くなる
寝てるとき人から「いびき」を掻いてると言われる。
睡眠中に「呼吸が止まってる」と言われたことがある。



次の症状の場合
加齢によるものや高血圧症甲状腺機能亢進症の可能性があります。
自分では良く寝てるつもりなのに昼間(日中)眠くなる。
いびきは掻いていない。
呼吸も普通。



次の症状の場合
むずむず脚症候群の可能性があります。
眠りが浅い。
夜何度も目を覚ます。
おしっこがしたいわけでもないのに目を覚ます。
睡眠中、足の内側周辺に虫があってるような
ムズムズ感がある。









スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/150-0b3d4285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。