むずむず脚症候群

ここでは、「むずむず脚症候群」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【むずむず脚症候群】
聞きなれない病名だと思います。
【どんな状態?】
夜間や睡眠中に足の内側、裏側がむずむずしたり、虫がはっているような感覚があり気になって眠れない(不眠状態)。

「レストレス・レッグ・シンドローム」RLSとも言われています。
中高年の方の発症率が高いと言われていますが、20代の頃から
兆候が現れているのですが、これがまさか病気の症状だと誰も思わないため、長期間放置されることで症状が悪化し睡眠の妨げにつながります。

【症状・特徴】
入床後に足のむずむず感が起きます。
また一定周期で繰り返される筋肉のけいれん状態(周期性四股運動障害PLM)を併発することが多いです(70~80%)

【原因】
残念ながらこれだ!というはっきりした原因はまだ解明されていませんがつぎのようなことが考えられます。
遺伝的な要素。
神経伝達物質であるドーパミンの働きの低下。
脊髄や末梢神経の異常。

【治療】
ベンゾジアゼピン系の睡眠剤や抗不安剤。
パーキンソン病治療薬を用いることもあります。


就寝前のマッサージでも効果があると期待されています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/153-aee6f391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。