ニキビ

ここでは、「ニキビ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ニキビ】
皮脂や角質が毛穴に詰まることで、細菌などが繁殖し易くなります。
繁殖すると炎症を起こし、小さいブツブツが現れます。


【症状】
小さくて赤いブツブツ。
赤く腫れたり、化膿することもある。


【特徴】
思春期に出来るニキビは皮脂分泌が多い
Tゾーンで発症するケースが殆どです。
しかしそれ以降に出来るニキビ(吹き出物)は皮膚の乾燥部位にも
発症するケース。過度のストレスやホルモンバランスの影響で月経前に
悪化することがあります。


【原因】
思春期に出来るニキビ
男性ホルモン(テストステロン)が分泌過剰になりがちですので、どうしても皮脂腺の働きが活発になります。
その状態のところにアクネかん菌と云われる細菌が増殖することで炎症が起こる。
それ以降に出来るニキビ(吹き出物)
洗顔のし過ぎや肌に合わない化粧品を使用、紫外線が原因とされています。


【治療】
患部には抗菌剤入りの塗り薬を処方。
思春期以降の方の場合セルフケアも大事なので、
皮脂を落しすぎない洗顔方法と十分な保湿。
紫外線対策をすることでかなり改善されます。
また、月経前に悪化するニキビ(吹き出物)には
低用量のピルの服用が効果的です。


【補足】
便秘や睡眠不足。
ビタミン不足。
このような事が原因にもなりますので規則正しい生活を送る!ということが大切といえます。



お肌のお手入れ方法例

洗顔
皮脂の分泌量は部位によって異なる為!
Tゾーンと呼ばれる部分は丁寧に!
それ以外の場所はサッと洗い流す程度がよい!
洗い流すときお湯より水がよい!


保湿
保湿剤(基礎化粧品)は何でも構わないが肌に合ったものを使用しましょう。
目のまわり、頬など皮脂の少ない部分を中心に念入りに行いましょう。


紫外線対策(日焼け止め)
普段の時はSPF30程度、PA(++)。
スポーツやハイキングなど戸外の時は
SPF50程度、PA(+++)。

*SPFとは・・・UV-B(紫外線B派)に対する防御効果。
指数が大きいほど効果が長続きします。
*PAとは・・・・UV-A(紫外線A派)に対する防御効果。
3段階のレベルがあり「+」が多いほど効果が高くなります。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/155-c1f0e880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。