単純性疱疹(単純ヘルペス)

ここでは、「単純性疱疹(単純ヘルペス)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【単純性疱疹(単純ヘルペス)】
皮膚に小さな水泡のかたまり(集まり)が出来る病気。


【症状】
1~2㎜程度の大きさの水疱。
目のまわり、口元、指先、外陰部などに多発。


【特徴】
いったん治っても再発を繰り返す。
初めての感染の時は水ぶくれが腫れ、高熱や頭痛、喉の痛みなど
症状が重い。
再発の時は症状は初感染に比べると軽症。


【原因】
単純疱疹ウイルスの感染。
再発の場合、過労やストレス、日にあたり過ぎが要因になることも考えられます。


【治療】
発症(水泡が出来て)してから4~5日の間は患部に触れると
人に感染します。
治癒を早めるには抗ウイルス剤を内服します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/161-d261987f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。