多のう胞性卵巣

ここでは、「多のう胞性卵巣」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【多のう胞性卵巣】

この病気は卵胞(未成熟)は排卵されず卵巣の中に留まる病気です。

通常卵巣は一定の周期で排卵を繰り返します。
しかし何らかの原因で排卵が出来なくなり卵胞が溜まり
卵巣がのう胞(小さな袋状態)の詰まった状態
になってしまいます。
更に卵巣を覆っている皮膜が硬く分厚くなり排卵が出来なくなります。

生理が来なくなる期間が次第に長くなり、
無月経の状態にまでなることがあります。

【原因】
脳から(下垂体)くるホルモンのバランスが崩れる事が原因と
されています。
ホルモンバランスは精神的ダメージや偏食などで崩れることも
あります。


【治療】
妊娠の予定がある方は排卵誘発剤で排卵を促進。
妊娠の予定がない方はピル(低用量)などの
ホルモン剤を服用。


注意
無月経が長期に渡ると子宮内膜に影響
及ぼすことは勿論の事、不妊の原因にもなりなます。
また子宮ガンにかかるリスクも高い

何度も申しあげますが3ヶ月以上生理が来ない場合は
婦人科を受診してください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/18-e7f30f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。