屈折異常

ここでは、「屈折異常」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【屈折異常】【どんな状態】
まず正常な目の状態では光は角膜を通り、次に水晶体を通り屈折して網膜上で像を結びます。
しかし、異常な状態だとこの屈折が正しく行われないため、像が網膜上で結ばれずぼやけてしまう状態のことを指します。

屈折異常には「近視」「乱視」「遠視」「老視(老眼)」の種類あります。

【近視】
網膜の手前で像を結ぶために近くにあるものはよく見え、遠くにあるものはぼやけて見えます。

【治療】
まず網膜上にきちんと像を結べるようにします。
凹レンズと呼ばれるメガネやコンタクトレンズで視力の矯正をします。
レーザーによる近視矯正治療を行ってる病院もありますが、術後長期間の経過についての安全性確認できていない状況ですので、レーザー治療を選択する際は医師の説明を十分に聞き、納得した上で行ってください。


【遠視】
網膜より後ろで像を結ぶため、近くも遠くも見えづらくなります。
視力が極端に(急激に)落ちる(低下)ことはまずないですが、長時間同じものを見続けると疲労を感じ易くなります。

【治療】
軽度の遠視の場合、特に治療をすることはないです。
目の疲れを頻繁に感じるようであれば凸レンズのメガネやコンタクトレンズで視力を矯正。


【乱視】
角膜や水晶体がゆがんでいるため、屈折率もバラバラ。
網膜にはっきりと像を結ぶことができなくなります。
ものをはっきり見ようとピントを合わせようと繰り返すため、眼精疲労を起こしやすくなります。

【治療】
乱視だけの場合は円柱レンズを使ったメガネやコンタクトレンズで視力を矯正。
遠視・近視を伴い場合は凹レンズと凸レンズを組み合わせたレンズが必要となります。


【老視(老眼)】
40代後半くらいから近いものが見えづらいという老化現象が起こります。これはピントを合わせる水晶体が弾力を失い、調節力が低下することが原因です。

【治療】
老眼鏡をかけたり、遠近両用のメガネをかけて視力を矯正。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/197-c4cd21d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。