網膜はく離

ここでは、「網膜はく離」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【網膜はく離】
網膜が眼球壁から硝子体側に剥がれることで、視力低下や視野の異常を起こす病気です。

【症状】
飛蚊症(このページの最後に説明してあります)や光視症(こうししょう)が先行症状として現れることが多いです。
この段階で眼科で検査・治療をすることで回避することが可能です。

次第に視野の一部が欠けたりゆがむといった症状が現われてきます。

【原因】
突発性の場合網膜が変形してその部分に穴があいて、そこから硝子体液が漏れだし、網膜をはがしてしまいます。
続発性の場合糖尿病性網膜症など眼圧疾患の合併が原因とされています。

【治療】
初期の段階(症状)ならレーザー光線で網膜を焼き付けることができますが、症状が進んだり悪化してる場合は手術が必要になります。
但し、原因疾患がある場合はその治療が先行されます。


飛蚊症とは・・・
光が眼球中に入ってきたときに、何らかの原因で硝子体に濁りが生じます。
濁りが生じることで、網膜に影を落とします。
この影が出来る(影を落とす)といったことが原因で目の前に虫が飛んでるような現象になります。
目の前を飛んでるように見えるあれこれ
ゴマ状・虫状・糸くず状・たばこの煙状。と様々です。

この飛蚊症には老化・生理的なものが原因の場合と
病的が原因してる場合とがありますので、必ず眼科で検査をしましょう。


光視症(こうししょう)とは
視界のはじめで一瞬パッと何かが光る(光った)ように見える状態のこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/205-b93a02e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。