耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)

ここでは、「耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【耳管狭窄症】じかんきょうさくしょう
原因となる疾患で起こる病気です。


【症状】
耳が塞がれた感じ。
自分の声だけが大きく響いて聞こえる感じ。
耳鳴り。
難聴。


【原因】
風邪の症状で耳管に炎症が起こる。
咽頭扁桃が炎症を起こし肥大して起こる。
上咽頭に腫瘍が発生して起こる。


【治療】
原因疾患の治療を行いながら、空気を中耳腔に送り通気を良くします。
滲出性中耳炎の場合は鼓膜を切開して分泌物を取り除き、抗生物質や抗炎症剤を処方します。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
浮動性のめまいがするのですが、この病気でもおこるような記事を読みました。耳鼻科にいっても異常なしと言われたのですが、この病気も調べていただけてるのか疑問に思いました。この病気を診断するのは簡単なのでしょうか?
2007/11/15(木) 17:41 | URL | りこ #-[ 編集]
りこさまへ

眩暈は本当に辛い症状です。吐き気や嘔吐などを伴うと特に辛いです。
眩暈にも個人差があって一時的な眩暈や周期的(定期的)な眩暈があり症状が起こってる時の診察なら専門家も判断し易いでしょうが、症状がある時は病院に行ける状態ではないが救急車を呼ぶほどの病気?ではないだろうと症状が治まってから病院に行き診察をすることがおおいと思います。
眩暈はいつ起こりどんな眩暈なのか(回転性か浮動性)更には耳の痛みがないか?聞こえはどうか?詳しく症状を話されましたか?聴力検査などはされたのでしょうか?その時何か薬は出ましたか?

聞こえはどうでしょう?こもったように声や音がするなどの症状はありますか?また聞こえは普段とどうでしょう?
残念ながらめまいがするというだけでは判断しずらい病気です。

眩暈は自律神経失調症や貧血などの場合も起こりますし、精神的ダメージやストレス、過労などでも起こりますのでこの病気です!と判断するのが難しいです。

いつどんな時起こり、どれくらい眩暈が続くのか?どんな様子なのかによっても判断は違ってきます。

何が原因かを突き止めるにはセカンドオピニオンしてみるのも一つの方法だと思います。
今はモニターで耳の中を一緒に見ることに出来る診察をしている耳鼻科もありますよ。
不安な事がありましたらまたコメントを残して下さいね。
分かる範囲でお答致します。
どうぞお大事にしてください。
ゆっくり体を休ませることも治療の一つです・・・。
2007/11/18(日) 14:32 | URL | 愛音 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/218-12b06242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
(26)自分の治療 自分で選ぶ読売新聞次に、近年、増加の一途である乳がんを取り上げました。 病気の進行程度が同じなら、乳がんの予後(病気が治る確率)は日本人の方が欧米人より勝っていました。また、乳がん治療の主役と考えられてきた外科手術(乳房全摘)が、実は、
2007/07/24(火) | 若年性乳がん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。