肺がん

ここでは、「肺がん」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【肺がん】
一般的に肺がんと呼んでますが、肺から発症したがんの総称です。


肺がんの多くは「腺がん」と「扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん」の気管支粘膜に発生(発症)する2種類になります。


【症状】
大概は症状が出る前に健康診断などで発見されることが多いですが、
4週間以上続く咳。
喀痰(かくたん)。血痰。
発熱。
呼吸困難。
胸痛。
主に呼吸器の症状がきっかけで発見されます。



【検査】
早期発見には、やはりX線検査と喀痰(かくたん)細胞診検査が一番です。


【原因】
正常な肺に突然がん細胞が出来る原因の一つとして喫煙が大きく影響していると考えられています。
がんが発生するメカニズムが解明されていない現代では予防策として
喫煙を控える!もしくは禁煙することを心がける必要があるといえます。


【治療】
肺葉(はいよう)切除の外科的治療。
広範囲にわたってがんに侵されている場合や肺だけでなく他の臓器にも転移している場合などは抗がん剤投与したり、局所的に放射線治療を行います。


喫煙者(多くの男性)=肺がん
男性の多いとされてきた肺がんですが、近年は女性でも喫煙してる方が多くなり、女性の肺がん患者数が増加しています。

一番厄介なのは本人は喫煙していなくても喫煙者の傍で煙を吸い込んでいれば喫煙者と同じ(それ以上)く肺がんへの危険性大です。
煙の方が毒性が高いとも言われているくらいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/224-b55cdbe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。