急性鼻炎

ここでは、「急性鼻炎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【急性鼻炎】
ウイルスや細菌によって引き起こされます。発症しても1週間程度で治ってしまう急性鼻炎と完治しても急性鼻炎を繰り返し症状が慢性化してしまう慢性鼻炎とがあります。


急性鼻炎
特徴
はじめは水っぽい鼻が出る。
次第に粘度(粘り気)が増し、鼻水に色がついてきます。
色は黄色や緑っぽく膿のようなものに変わってきます。
喉の痛み、発熱、咳、痰など風邪と同じ症状が現れることがありますので、注意が必要です。
風邪だと思い、風邪の治療をしたが、鼻水や鼻づまりの症状が改善されない場合は耳鼻咽喉科で診てもらった方がいいと思います。


慢性鼻炎
特徴
病名にもありますように長期(慢性化)にわたり鼻水や鼻づまりの症状がある。
軽い頭痛を伴うこともあります。


【治療】
炎症を起こしている箇所(部分)に直接薬剤を塗布。
症状によっては鎮痛剤や解熱剤、抗ヒスタミン剤、抗生物質などの処方もあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/230-d3f0a953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。