機能性出血

ここでは、「機能性出血」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【機能性出血】
「排卵性」と「無排卵性」と分かれます。
生理中の出血が多いなどの排卵性。

生理期間が短いが月に何回も生理がくる、
もしくは生理期間が2ヶ月近く続く無排卵性。


年齢によって出血の起こる要因が違います。
初経後の数年間は無排卵状態になりますので、
どうしても安定しません。

但し5年を経過しても不正出血などの症状が
ある場合は、卵巣機能が低下して起こる
卵巣機能不全の可能性があります。

この状態は無排卵となります。

排卵があっても黄体機能不全の為、
排卵日に出血って事もあります。

【治療】
初経後数年の無排卵の場合は、日常生活に
支障をきたさなければ経過観察でようでしょう。
それ以外の症状については、ピルを処方することが
多くなってます。


排卵を確認するには基礎体温をつけることが
一番だと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/32-3cbfa625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。