乳がん

ここでは、「乳がん」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【乳がん】
40代後半の発症率が最も多いとされている。
乳腺の上皮細胞に悪性の腫瘍が出来る。
最近は30代の発症も多くなってきている。

乳腺は「乳管」と「小葉」は分かれています。
乳がんと診断とされる90%以上は

「乳管がん」

です。

聞き慣れない言葉ですが、
まれに乳頭や乳輪がただれる
パジェット病」と呼ばれる疾患が
あります。

【原因】
はっきりしたことは残念ながら不明です。
卵胞ホルモンが深く関係していると推測されてます。
妊娠回数が少ないと
卵胞ホルモン分泌期間が長くなります。
こういうことで若い女性の発症率も高く
なってる原因の一つとさせています。
卵胞ホルモンは脂肪細胞で作られている為、
肥満が原因で乳がんを発症
するとも云われています。

【治療】
基本は手術です。
がんの大きさ、進行度によって
方法は異なりますが、
乳房を残して患部のみを取り除く
「乳房温存」。
がん組織も含めた乳房全体を切除する
「乳房切除」。

しかし乳房全てを切除です!と言われても
中々「はい!そうですか」
「分かりました」と決断出来ません。
そこで最近では
出来る限り術前の抗がん剤投与で、
がん細胞を小さくすることで、
「乳房温存」の手術が出来るよう
努力しています。

術後は再発防止の為、
化学療法とホルモン療法を併用して
経過を見ます。


過去に乳がんになった方!
家族に乳がんに掛かった人がいる!
再発する可能性が高いといわれています。


問診や視触診だけでは異常が出ない事が
おおいです。
必ずマンモグラフィ検査やエコー検査を
含んだ乳がん検診を受けるようにしてください。

また病院で画像検査も出来るか、
事前に確認してみることもいいと
思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/43-c0274ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。