乳輪下膿瘍

ここでは、「乳輪下膿瘍」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【乳輪下膿瘍】
乳頭が陥没している陥没乳頭の人や乳腺の働きが活発でない
若い女性に多く見られる病気です。
乳輪の下に膿が溜まり、乳輪周辺の皮膚にまで広がります。
一端症状は治まっても再発の恐れもあり、炎症を繰り返します。


【症状】
炎症を繰り返す事で痛みを伴う。
膿が溜まると乳頭周辺に熱を感じます。
乳頭から膿の様な液体が分泌される。

【治療】
抗生物質の投与で炎症を抑えたり、
切開をして膿を出し炎症を抑えたりします。
但し根っこ(原因の乳管)を取り除いてる
訳ではないので完治させるには、
乳管と膿瘍などの切除が必要となります。

一端良くなっても症状を繰り返します。
最後まで治療を受け完治させることが
大切です。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/47-c53732f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。