急性化膿性乳腺炎

ここでは、「急性化膿性乳腺炎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【急性化膿性乳腺炎】
どうしても授乳期は乳首が傷つき易いです。
ブドウ菌や連鎖球菌などの細菌が乳頭から
侵入して乳腺内で炎症を起す病気です。


【症状】
乳房が赤く腫れ、熱を持ってきます。
激痛を伴ってきます。
38℃以上の高熱が出たり、わきの下にある
リンパ節が腫れたりしてきます。
次第に症状も悪化し、乳房に膿が溜まり
膿瘍が出来てしまいます。


【治療】
症状が軽い場合は、抗生物質や鎮痛剤を服用。
しかし膿が溜まるような酷い症状になってしまうと
乳房を切開して膿を出す処置が必要になってきます。


当然治療中は赤ちゃんに母乳を与えることは
出来なくなります。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/50-8007ec01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。