細菌性膣炎

ここでは、「細菌性膣炎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【細菌性膣炎】
膣内に細菌が繁殖して炎症を起す病気です。
主な細菌は大腸菌、ブドウ球菌、溶連菌です。

【症状】
おりものの強い臭い。
色が黄色っぽいおりものが増える。
更に外陰部にかゆみが出てくる。

このような状態を放置していると
炎症が悪化するとセックス時に
不正出血の症状
が出ます。
びらんに炎症が広がった為です。

【治療】
膣内に直接抗生剤(膣錠)を約1週間くらい
挿入する処置を思します。
比較的症状は早く治りますが、
再発し易い病気
です。
外陰部の処置は、やはり抗生剤を使います。
軟膏を塗って治療します。
ステロイド剤の軟膏を使用する場合もあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/56-3fb5acb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。