非特異性膣炎

ここでは、「非特異性膣炎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【非特異性膣炎】
細菌性膣炎の症状と良く似ています。
細菌の大腸菌、溶連菌、ブドウ球菌などが
膣内で炎症を起す病気です。



【症状】
黄色系のおりものが増える。
おりものに臭いがしてくる。
かゆみは細菌性膣炎程感じませんが、
外陰部が赤く腫れたり、ただれたりの症状が出てきます。

【要因】
膣の自浄能力低下、ホルモンバランスの乱れる事で
細菌が繁殖して炎症を起すとされています。
また
タンポンの長時間の使用や生理時のナプキン、
おりものシートの長時間使用。
不衛生なセックス。
など膣の不衛生が長時間続くとこのような
症状が現れてきます。

ですからナ生理中はこまめにナプキンを
換え常に膣や外陰部を衛生に保つ事が大切です。

【治療】
膣内に直接抗生剤(膣錠)を挿入。
外陰部の腫れなどの炎症には
軟膏を塗って治療します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/57-76d66632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。