萎縮性膣炎

ここでは、「萎縮性膣炎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【萎縮性膣炎】
膣の粘膜が萎縮することで炎症を起す病気です。
歳を重ねるとどうしても卵巣機能が低下します。
また女性ホルモン分泌もなくなってきます。
元々膣内の粘膜は比較的強いと
されていますが、自浄能力が落ちると
この病気を発症する可能性が大きいということです。

高齢の方や閉経を早く迎えてしまった方に
多い病気とされています。

卵巣機能不全などを併発することも考えられます。

【症状】
黄色系のおりものが増える。
痒みやヒリヒリとした痛みがある。

【治療】
女性ホルモンが含まれている膣錠や
抗生剤を含んだ膣錠を挿入します。
再発防止には女性ホルモンを
補充する治療が効果的です。

卵巣機能低下、ホルモンの分泌減少すると
他の粘膜も萎縮(乾燥)して口が乾く、
またはドライアイなどの症状
も出てきます。
女性ホルモンを補充することで
症状が和らぎます。
婦人科でご相談されるといいと思います。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/58-2866024d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。