不妊の原因

ここでは、「不妊の原因」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【不妊の原因】
不妊の治療としてまず行うことは
「タイミング療法」だと思います。
「タイミング療法」とは
受精が最もされやすくなるように、
医師が排卵日に合わせてセックスをする 
日(タイミング)を指導・指示ものです。

排卵された卵子が受精できる期間は1日!
精子は3日とされています。
要するに排卵直前にセックスをすると
受精し易い!ということになります。
しかし現実はこんなに簡単に物事が
上手くいかない・・・。
だから悩んでる方が多い!!!

通常病院で排卵日を調べるのに
超音波、血液、尿、子宮頸管粘液検査などです。
が、あくまでも推定です。
確定ではないんです。

では女性に不妊の原因がある場合
どんな障害があるか説明しましょう。

【排卵障害】
卵子が卵巣の中で育たない。
育ったとしても排卵しない。

過激なダイエットや逆に肥満が原因で排卵が
なくなることもありますが、
卵巣機能不全高プロラクチン血症多のう胞性卵巣
などの病気が原因って事も
考えられます。

【卵管障害】
卵管の先端で何らかの炎症を起し癒着したりすると
受精しても受精卵が子宮まで行くことが出来ない。
卵巣、卵管、様々な病気が原因と思われます。
また卵巣が極端に狭かったりしてもこの障害が出ます。

【子宮着床障害】
排卵があって受精も出来るけど、受精卵が子宮に着床
出来ない状態です。
子宮筋腫子宮内膜症子宮腺筋症子宮体がん
の病気が原因してる可能性があります。
また、子宮の形態異常、子宮の発育不足、性感染症などで
子宮に炎症がある場合。
更には、人工妊娠中絶手術の後遺症だったり・・・。

【精子通過障害】
何らかの原因で抗精子抗体が出来ていたり、
子宮頸管粘液の状態が悪かったり、
悪くはないが少なかったりすると、
精子が子宮に入れない状態を作ってしまう。


【これ以外の症状】
基礎体温が高温期と低温期に分かれていない。
無排卵の状態ですので産婦人科で無排卵の原因を検査される
事をお薦めします。

ご自身やご主人が糖尿病や甲状腺疾患、膠原病
を現在患ってませんか?
また既往症はありませんか?
不妊の原因の一つとしてお考え下さい。
産婦人科でご相談されるといいと思います。

次に男性側に原因があるとすればこちらをどうぞ!!!

不妊は女性ばかりが原因ではありません!!!
男性の方もご一緒に検査して治療に取り組みましょう!!!








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/68-d49622e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。