子宮内膜症

ここでは、「子宮内膜症」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【子宮内膜症】

子宮の内側は粘膜で覆われていますが、これと同じような組織が
子宮以外の場所に発生してしまう病気です。

子宮以外の場所で発生した組織も内側の粘膜と
同様の働きがありますからホルモンの影響を受けます。

月経周期に合わせ一定期間増殖してしまいますから
当然生理の時期になれば通常の生理と同じように
剥がれ出血してしまいます。

厄介なことに子宮外で出血が起きるので、身体の外に
排出される出口が無いため、発生した場所近辺に
蓄積されることにより炎症、周囲の組織と癒着!!!

最近では初潮を向かえる10代から発症するとまで
云われており、やはり20~30代が一番発症率は
高いようです。

【特徴】
生理が来るたび痛みが増す。
不正出血がある。(生理時以外)
吐き気・嘔吐・下痢
生理ではないときの下腹部の痛み
腰痛、性交痛

【治療法】
漢方薬やピル等で症状を和らげる
しかし症状が改善されない場合は
腹腔鏡で癒着を剥がす手術が必要となる。
厄介なことにこの手術をしたからといって
再発しないとは限りません。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/8-09a0478b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。