子宮筋腫

ここでは、「子宮筋腫」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【子宮筋腫】

良性の腫瘍です。大きくなっても子宮組織を破壊することは
ないです。しかも癌になることもない(悪性にならない)。
また筋腫があるからといって妊娠の妨げにはならないと
されていますが、不妊や流産の原因にも繋がり兼ねないので
妊娠する時期に取るって方はいます。
数箇所に同時発生したり、内膜症の併発の可能性もあります。

20~40代の発生率が一番高いです。

無症状の場合もありますが、一般的には次のような症状が現れます。
強い痛みを伴う生理痛
頻尿
便秘


子宮筋腫の出来る場所によってタイプ(症状)が違います。
筋層内筋腫
病名の通り子宮筋の内側に出来る筋腫。
筋腫が大きくなると出血量が多い(過多月経)症状がでる。


しょう膜下筋腫
子宮の一番外側を覆うしょう膜の下に出来る筋腫。
筋腫が大きくならないと症状が出ない厄介な場所。


粘膜下筋腫
子宮内膜の下に発生する筋腫。
筋腫が小さくても生理中の出血が多くなる。

【治療法】
症状が軽い場合は経過を観察するのみ。
貧血を起してる場合は貧血の処方をします。
痛みが強い場合は鎮痛剤やピルで改善。
改善がみられないと腹腔鏡などの手術が必要となってくる。

最近では技術も進歩してます。
妊娠をする可能性がある人など
自分の今後を医師にきちんと説明した上で
治療法を選んでください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/9-440be2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。