脳卒中

ここでは、「脳卒中」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【脳卒中】
脳血管の障害を起す病気(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)が
原因で意識障害、手足の麻痺などが現れる状態です。
医学の進歩、治療の進歩で発症=死亡では無くなりましたが、
発症部位や程度によっては後遺症が残る場合は否定出来ません。

早期発見こそ症状も最小限。
機能回復も出来、日常生活復帰も多いに
期待できます。

脳出血
発症率が高いとされています。
脳血管が破れ、脳内に血の固まりが出来ます。
固まりが出来ると脳細胞が破壊されてしまいます。
この状態を指します。
動いている時の発症が高いと言われてます。

出血が少ないと脳梗塞と見分けが付きづらいですが
どちらにしても一刻も早い専門医師の治療が必要です。

症状
目眩は勿論。
気分が悪くなる、頭痛、吐き気を伴います。
この症状が出て(発症)から数時間以内に
意識障害や手足の麻痺の症状が現れてきます。

要注意!!!
最高血圧が180以上の方。
頭部に受けた外傷。
出血傾向(原因の無い鼻血)疾患の方。
脳腫瘍があると疑われる方。
このようなことが原因で
発症することもあります。


脳梗塞
脳の血管が詰まって血液が流れなくなり
脳細胞が死滅する病気です。

脳血管の動脈硬化が進み血管が詰まって起こる
「脳血栓」。
脳以外の場所(臓器)から血栓が運ばれ、
脳血管で詰まって起こる「脳塞栓」。

脳血栓・・・徐々に症状が現れてきます。
   頭痛や意識障害などの症状も軽いです。
   しかし、手足の麻痺や軽い言語障害も出てきます。
   進行すると昏睡状態に・・・。

脳塞栓・・・前兆もなく突然発症!!!
   急に視力低下や言語障害を併発します。


くも膜下出血
くも膜(脳を覆う)と軟膜の間には無数の動脈があります。
この動脈が破れて出血をする事をいいます。

頭を強く殴られた時のような(衝撃のような)激しい痛みを
突然感じます。
吐き気、嘔吐を伴い始めます。
一度感じた頭痛は数時間続き
更に首筋に違和感(こわばった感じ)が生じます。

重篤の場合、意識障害、昏睡状態・・・。
死亡するケースもあります。

一刻も早い手術の必要があります。
術後の経過が良ければ、
重い後遺症が残る確率は低いでしょう。


手遅れにならないためにも
気になる頭痛!!!を見逃さないこと!!!
これがとても大事だということです・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/94-bc9970cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。