膠原病

ここでは、「膠原病」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【膠原病】
全身性自己免疫疾患!
多臓器の結合組織に病変!
いくつかの病気が含まれています。

全身性エリテマトーデス(SLE)
若い女性の発症率が高い(20~30代)。
だるさ(倦怠感)や発熱などの全身症状から
顔、手足の発赤。手足の冷え。
冷えることで手足の指先が白くなるレイノー現象。
痛み・腫れ(関節やリンパ節)。
口膣・舌の粘膜異常。
抜け毛の症状など。

酷くなると

臓器という臓器の炎症。
(胸膜、肺、心膜、肝臓、腎臓、腹膜、膀胱)
血液の異常。
神経炎など。

治療
基本はステロイドホルモンですが
臓器疾患の程度などで様々な治療を
行います。
軽度の場合、経過観察するところも
あるみたいです。が・・・。


関節リウマチ
初期は関節が時々痛む程度ですが次第に変形して
動かなくなってしまう病気です。
初期・・・痛み、微熱、倦怠感、食欲不振。
進行・・・ひじ、膝に皮下結節の症状。
更に・・・心臓、肺、腎臓に様々な症状。

治療
現代医学では完治させる方法がなく・・・。
非ステロイド性抗炎症剤や抗リウマチ剤を併用
させ、同時に運動療法で進行を遅らせたり、
マッサージ療法を行います。


全身性硬化症(強皮症)
読んで字の如く皮膚が硬くなる病気です。
レイノー現象が引き金となり
徐々に皮膚(全身)がこわばり硬くなってしまいます。

皮膚の保温・保湿、マッサージなどで皮膚のこわばりを
和らぎ硬くなる現象を遅らせる!!



シェーグレン症候群
全身の外分泌腺に炎症が生じる病気です。
口腔:唾液分泌が減ることで、
口や舌が乾く状態になり易く、また食事をするにも支障がでる。
耳や顎の下(リンパ腺)が腫れ発熱を伴うこともある。
膣:膣の分泌液が少なくなることで、膣内が乾き、性交痛
伴う事があります。

この他には関節痛、間質性肺炎、腎臓炎症など起すこともあります。

治療
目には、涙と同じ成分入り点眼薬。
口には、人口唾液を処方。
関節などの痛みには、消炎鎮痛剤。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ainedekaiketu.blog77.fc2.com/tb.php/95-3ad8e121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。